研究者
J-GLOBAL ID:202001013769123718   更新日: 2021年10月27日

高居 恵愛

タカイ メイ | Takai Mei
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2021 バラ科果樹の低温要求性マスターレギュレーターの制御経路解明と新規休眠制御技術開発
  • 2017 - 2020 マンゴー品種間における花成制御機構の違いとその要因解析
  • 2017 - 2020 異なる成熟表現型ブドウを用いたノンクライマクテリック型果実の成熟制御機構の解明
  • 2014 - 2018 バラ科果樹の休眠および季節的成長制御におけるDAM遺伝子の機能解明
論文 (37件):
  • 松田 賢一, 片山(池上) 礼子, 東 成美, 酒井 賀乃子, 中野 眞一, 玉村 壮太, 早川 隆宏, 伊達 彩香, 高居 恵愛. ブドウ'ルビーロマン'の培養果粒における温度処理が果皮着色に及ぼす影響. 園芸学研究. 2020. 19. 1. 39-47
  • 松田 賢一, 片山(池上) 礼子, 東 成美, 酒井 賀乃子, 中野 眞一, 玉村 壮太, 早川 隆宏, 伊達 彩香, 高居 恵愛. ブドウ'ルビーロマン'のポット栽培における着色期の温度が果皮着色に及ぼす影響. 園芸学研究. 2020. 19. 1. 29-38
  • Gao-Takai, Mei, Katayama-Ikegami, Ayako, Matsuda, Kenichi, Shindo, Hibiki, Uemae, Shintaro, Oyaizu, Miku. A low temperature promotes anthocyanin biosynthesis but does not accelerate endogenous abscisic acid accumulation in red-skinned grapes. PLANT SCIENCE. 2019. 283. 165-176
  • Yamane, Hisayo, Wada, Masato, Honda, Chikako, Matsuura, Takakazu, Ikeda, Yoko, Hirayama, Takashi, Osako, Yutaro, Gao-Takai, Mei, Kojima, Mikiko, Sakakibara, Hitoshi, et al. Overexpression of Prunus DAM6 inhibits growth, represses bud break competency of dormant buds and delays bud outgrowth in apple plants. PLOS ONE. 2019. 14. 4
  • Naito, I., Nishiyama, S., Gao-Takai, M., Yamane, H., Tao, R. Changes in cytokinin metabolism in a small fruit mutant of 'Hiratanenashi' persimmon (Diospyros kaki Thunb.). II ASIAN HORTICULTURAL CONGRESS. 2018. 1208. 245-249
もっと見る
MISC (21件):
  • MASUDA Kanae, AKAGI Takashi, ESUMI Tomoya, TAO Ryutaro. Dynamic epigenetic flexibility underlies somaclonal sex conversions in hexaploid persimmon tree. 日本植物生理学会年会(Web). 2019. 60th. 352 (WEB ONLY)
  • 大迫祐太朗, 大迫祐太朗, 山根久代, LIN S. Y, CHEN P. A, 高居恵愛, 田尾龍太郎. サイトカイニンがレインの開花へ及ぼす影響. 園芸学研究 別冊. 2018. 17. 1. 105
  • 北村祐人, 北村祐人, 山根久代, 高居恵愛, 田尾龍太郎. 自発休眠覚醒期のウメ花芽における植物ホルモン含量の変動. 園芸学研究 別冊. 2016. 15. 1. 34
  • 梶田 啓, 赤木 剛士, 山根 久代, 田尾 龍太郎, 米森 敬三. マメガキ(Diospyros lotus L.)で同定された雄性決定因子連鎖領域とカキ(D. kaki Thunb.)品種の雄花着生特性との関連性. 園芸学研究. 2015. 14. 2. 121-126
  • 森本 拓也, 赤木 剛士, 田尾 龍太郎. S-RNase 依存性自家不和合性遺伝子の進化系統解析から示されたバラ科祖先種における S 遺伝子座重複. The Horticulture Journal. 2015. 84. 3. 233-242
もっと見る
経歴 (4件):
  • 2010/04 - 現在 石川県立大学 附属農場
  • 2009/01 - 2010/03 京都大学 農学研究科
  • 2004/04 - 2008/12 地域型共同研究事業 (財)わかやま産業振興財団テクノ振興部
  • 2003/04 - 2004/03 サントリー株式会社研究センター
所属学会 (1件):
日本園芸学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る