研究者
J-GLOBAL ID:202001013769123718   更新日: 2024年05月10日

高居 恵愛

タカイ メイ | Takai Mei
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 園芸科学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2025 バラ科果樹の休眠・開花期制御遺伝因子の同定とncRNAによる開花期制御の可能性
  • 2021 - 2024 ブドウ果実のメタボロミクスおよびトランスクリプトミクスによる成熟制御機構の解明
  • 2018 - 2021 バラ科果樹の低温要求性マスターレギュレーターの制御経路解明と新規休眠制御技術開発
  • 2017 - 2020 マンゴー品種間における花成制御機構の違いとその要因解析
  • 2017 - 2020 異なる成熟表現型ブドウを用いたノンクライマクテリック型果実の成熟制御機構の解明
全件表示
論文 (41件):
  • Tzu-Fan Hsiang, Hisayo Yamane, Mei Gao-Takai, Ryutaro Tao. Regulatory role of Prunus mume DAM6 on lipid body accumulation and phytohormone metabolism in the dormant vegetative meristem. Horticulture Research. 2024
  • T. Hsiang, H. Yamane, M. Gao-Takai, R. Tao. Upregulation of TCP18s in dormant buds of transgenic apple expressing Japanese apricot PmDAM6. Acta Horticulturae. 2023. 1372. 87-94
  • W. Chen, Y. Tamada, H. Yamane, M. Matsushita, Y. Osako, M. Gao-Takai, Z. Luo, R. Tao. Co-expression network analysis of the H3K27me3/H3K4me3-modified genes correlated with chilling accumulation in apple dormant flower buds. Acta Horticulturae. 2023. 1372. 95-100
  • Wenxing Chen, Yosuke Tamada, Hisayo Yamane, Miwako Matsushita, Yutaro Osako, Mei Gao-Takai, Zhengrong Luo, Ryutaro Tao. H3K4me3 plays a key role in establishing permissive chromatin states during bud dormancy and bud break in apple. The Plant journal : for cell and molecular biology. 2022. 111. 1015-1031
  • H. Yamane, Y. Osako, H. Iwasa, M. Gao-Takai, J. Takeuchi, Y. Todoroki, R. Tao. Effects of Abz-E3M, abscisic acid 8’-hydroxylase inhibitor, and PANMe, abscisic acid antagonist, on bud dormancy release of Diospyros spp. Acta Horticulturae. 2022. 1338. 207-214
もっと見る
MISC (31件):
  • 高居 恵愛. ブドウの温度管理と台木利用による着色向上技術 (特集 果実の着色促進技術). 果実日本. 2022. 77. 2. 57-60
  • HSIANG T, YAMANE H, GAO-TAKAI M, TAO R. 休眠栄養芽においてウメPmDAM6はホルモン代謝を制御する. 園学研21別冊1. 2022. 39
  • 高居恵愛, 片山(池上)礼子, 片山(池上)礼子, 中嶋恭佑, 鈴木花野, 越野遼太郎. ブドウ果実着色とABA蓄積パターンの遺伝性. 園芸学研究 別冊. 2021. 20. 1
  • 高居恵愛, 片山(池上)礼子, 松田賢一. 温度処理がブドウ‘ルビーロマン’と‘安芸クイーン’果粒の着色と果皮における植物ホルモンに及ぼす影響. 園芸学研究 別冊. 2020. 19. 1
  • 片山(池上)礼子, 高居恵愛. 赤色系四倍体ブドウ‘ルビーロマン’と‘安芸クイーン’の果実着色とABA蓄積パターンの差異. 園芸学研究 別冊. 2019. 18. 1
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1995 - 1998 京都大学 農学研究科 博士課程
経歴 (4件):
  • 2010/04 - 現在 石川県立大学 附属農場 准教授
  • 2009/01 - 2010/03 京都大学 農学研究科
  • 2004/04 - 2008/12 地域型共同研究事業 (財)わかやま産業振興財団テクノ振興部
  • 2003/04 - 2004/03 サントリー株式会社研究センター
所属学会 (2件):
国際園芸学会 ,  日本園芸学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る