研究者
J-GLOBAL ID:202001013861830340   更新日: 2021年04月01日

岩井 雅崇

イワイ マサタカ | Iwai Masataka
所属機関・部署:
職名: 特別研究員
研究分野 (3件): 代数学 ,  幾何学 ,  数理解析学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2020 直線束の最小特異計量の具体的な構成とそのザリスキー分解可能性の判定への応用
論文 (5件):
  • Genki Hosono, Masataka Iwai, Shin-Ichi Matsumura. ON PROJECTIVE MANIFOLDS WITH PSEUDO-EFFECTIVE TANGENT BUNDLE. Journal of the Institute of Mathematics of Jussieu. 2021. 1-30
  • Masataka Iwai. Almost nef regular foliations and Fujita's decomposition of reflexive sheaves. to appear in Annali della Scuola Normale Superiore di Pisa, Classe di Scienze. 2021
  • Masataka Iwai. Characterization of pseudo-effective vector bundles by singular Hermitian metrics. to appear in Michigan Mathematical Journal. 2020
  • Masataka Iwai. On the global generation of direct images of pluri-adjoint line bundles. Mathematische Zeitschrift. 2020. 294. 1-2. 201-208
  • Masataka Iwai. Nadel-Nakano vanishing theorems of vector bundles with singular Hermitian metrics. to appear in Annales -Mathmatiques- de la Facult des sciences de Toulouse. 2019
MISC (2件):
  • Masataka Iwai. On the structure of a log smooth pair in the equality case of the Bogomolov-Gieseker inequality. 2021
  • Sho Ejiri, Masataka Iwai, Shin-ichi Matsumura. On asymptotic base loci of relative anti-canonical divisors of algebraic fiber spaces. 2020
講演・口頭発表等 (20件):
  • 正則接ベクトルが正値性を持つ部分束を含むときの代数多様体の構造 について
    (日本数学会2021年度年会 関数論分科会 2021)
  • On projective manifolds whose tangent bundles contain positive subbundles.
    (Grauert theory and recent complex geometry 2021)
  • 正則接ベクトルが正値性を持つ部分束を含むときの代数多様体の構造について
    (大阪大学幾何セミナー 2020)
  • 相対的反標準因子のasymptotic base lociについて
    (多変数関数論冬セミナー 2020)
  • On asymptotic base loci of relative anti-canonical divisors
    (東京大学複素解析幾何セミナー 2020)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2017 - 2020 東京大学大学院数理科学研究科博士課程
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 大阪市立大学数学研究所 特別研究員
  • 2020/10 - 2021/03 京都大学数理解析研究所 研究員
受賞 (1件):
  • 2015/03 - 東京大学理学部数学科 理学部学修奨励賞
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る