研究者
J-GLOBAL ID:202001013983763880   更新日: 2021年10月18日

相沢 美帆

Aizawa Miho
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (3件): 機能物性化学 ,  高分子材料 ,  有機機能材料
研究キーワード (2件): 光化学 ,  機能材料
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 結合開裂反応を利用した刺激応答性易剥離分子層の開発
  • 2018 - 2020 光重合による微細構造体の大面積精密制御と光力学機能フィルムの創製
論文 (23件):
  • Miho Aizawa, Haruhisa Akiyama, Yoko Matsuzawa. Convenient Preparation of Stimulus-Responsive Molecular Layers Containing Anthracene Molecules to Control Surface Properties. Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 2021. 127547-127547
  • Miho Aizawa, Hirona Nakamura, Kohsuke Matsumoto, Takahiro Oguma, Atsushi Shishido. Oriented collagen films with high Young's modulus by self-assembly on micrometer grooved polydimethylsiloxane. Materials Advances. 2021
  • Miho Aizawa, Harushisa Akiyama, Yoko Matsuzawa. Dismantlable Adhesion Interface Featuring a Thermo/Photocleavable Molecular Layer. Advanced Engineering Materials. 2021
  • Mioka Koike, Miho Aizawa, Hiroyuki Minamikawa, Atsushi Shishido, Takahiro Yamamoto. Photohardenable Pressure-Sensitive Adhesives using Poly(methyl methacrylate) containing Liquid Crystal Plasticizers. ACS Applied Materials & Interfaces. 2021. 13. 33. 39949-39956
  • Hirona Nakamura, Yoshiaki Kobayashi, Megumi Ota, Miho Aizawa, Shoichi Kubo, Atsushi Shishido. Fabrication of liquid-crystalline polymer films with cycloidal molecular alignment patterns by scanning wave photopolymerization. Liquid Crystals XXV. 2021
もっと見る
書籍 (3件):
  • 配向性を調べる
    高分子 2018
  • Photo-Control of Molecular Alignment for Photonic and Mechanical Applications
    Molecular Technology. Energy Innovation, H. Yamamoto, T. Kato (Eds.) 2018
  • 動的光重合による大面積分子配向と微細パターニング
    超分子研究会アニュアルレビュー 2018
講演・口頭発表等 (43件):
  • アントラセン二量体からなる熱/光応答性開裂分子層が与える接着への効果
    (第82回応用物理学会秋季学術講演会 2021)
  • 接着界面からの解体を容易にする熱/光応答性開裂分子層
    (第70回高分子討論会 2021)
  • Fabrication of Thermo/photocleavable Molecular Layer Comprising Anthracene Dimers
    (4th G'L'owing Polymer Symposium in KANTO 2021)
  • アントラセンを有する光/熱応答性分子層による表面物性変化
    (日本化学会 第101春季年会 2021 2021)
  • アントラセンを有する刺激応答性分子層の表面物性への影響
    (第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 東京工業大学 応用化学系エネルギーコース 博士課程
  • 2014 - 2016 東京工業大学 化学環境学専攻 修士課程
  • 2010 - 2014 東京理科大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (1件):
  • 2019/04 - 現在 国立研究開発法人産業技術総合研究所 研究員
受賞 (13件):
  • 2021/07 - 4th G’L’owing Polymer Symposium in KANTO (GPS-K2021) Best Presentation Award
  • 2018/10 - 第79回応用物理学会秋季学術講演会 Poster Award
  • 2018/01 - 第52回高分子学会北海道支部研究発表会 優秀講演賞
  • 2018/01 - 神奈川県ものづくり技術交流会 ポスター賞
  • 2017/12 - The Sixth International Education Forum on Environment and Energy Science "Best Presentation Award"
全件表示
所属学会 (4件):
日本液晶学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る