研究者
J-GLOBAL ID:202001013987613069   更新日: 2021年12月12日

土井 健司

ドイ ケンジ | DOI KENJI
所属機関・部署:
職名: 教授
論文 (32件):
  • Ryota Nakase, Chun-Chen Chou, Yasuchika Aoki, Kento Yoh, Kenji Doi. Evaluating Hierarchical Diversity and Sustainability of Public Transport: From Metropolis to a Weak Transport Demand Area in Western Japan. Frontiers in Sustainable Cities. 2021. 3
  • Murungi Elizabeth Mwebesa, Kento Yoh, Kenji Doi. Developing the logical cross-sectoral framework of local SDGs project targeting safety and sustainability. IATSS Research. 2021. 45. 1. 49-59
  • Yoshitsugu Hayashi, Kenji Doi, Takaaki Okuda. Model for analysing the imputation of benefits generated by urban transport improvement considering external economies. Doboku Gakkai Rombun-Hokokushu/Proceedings of the Japan Society of Civil Engineers. 2020. 407 pt 4-11. 67-76
  • Pai Hsien Hung, Kenji Doi, Hiroto Inoi. User retention tendency of bus routes based on user behavior transition in an area with low mode share of public transport. IATSS Research. 2020. 44. 2. 111-124
  • Masanobu Kii, Kenji Doi. Earthquake risk and inter-temporal fairness: An economic assessment of the national land-use structure. TRANSPORT POLICY. 2020. 87. 77-83
もっと見る
MISC (6件):
  • 紀伊 雅敦, 土井 健司. 震災リスクを考慮した国土利用構造の経済性評価に関する研究. 都市計画論文集 = Journal of the City Planning Institute of Japan. 2013. 48. 615-620
  • 土井 健司, 紀伊 雅敦, 佐々木 昭恵. 高齢者の外出とまちなかの回遊性を促進するためのスローモビリティとコモビリティに関する研究 (特集 スローモビリティと移動の質 : 超高齢社会と低炭素社会の都市交通ヴィジョン). IATSS review. 2012. 36. 3. 152-161
  • 土井 健司. プレイス・マーケティングに基づく土地利用交通戦略と地域再生. IATSS review = 国際交通安全学会誌. 2007. 32. 3. 251-256
  • 土井 健司. QOL大国に向けた高速道路の役割. 高速道路と自動車. 2004. 47. 6. 11-14
  • 土井 健司, 紀伊 雅敦, 金 広文, ガーブカヤン シーラ. マニラ首都圏における都市化とモータリゼーションの相互作用系の制御に関する分析. 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE. 2001. 674. 113-127
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る