研究者
J-GLOBAL ID:202001013997398077   更新日: 2021年02月05日

今 鉄男

コン テツオ | Kon Tetsuo
所属機関・部署:
職名: プロジェクト特任助教
研究分野 (1件): ゲノム生物学
研究キーワード (9件): キンギョ ,  脊椎動物 ,  集団ゲノミクス ,  進化医学 ,  ゲノム進化 ,  バイオインフォマティクス ,  比較ゲノミクス ,  発生生物学 ,  シングルセルゲノミクス
論文 (13件):
  • Takefumi Sugiyama, Haruka Yamamoto, Tetsuo Kon, Taro Chaya, Yoshihiro Omori, Yutaka Suzuki, Kentaro Abe, Dai Watanabe, Takahisa Furukawa. The potential role of Arhgef33 RhoGEF in foveal development in the zebra finch retina. Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • Tetsuo Kon, Yoshihiro Omori, Kentaro Fukuta, Hironori Wada, Masakatsu Watanabe, Zelin Chen, Miki Iwasaki, Tappei Mishina, Shin-ichiro S. Matsuzaki, Daiki Yoshihara, et al. The Genetic Basis of Morphological Diversity in Domesticated Goldfish. Current Biology. 2020. 30. 12. 2260-2274.e6
  • Tetsuo Kon, Takahisa Furukawa. Origin and evolution of the Rax homeobox gene by comprehensive evolutionary analysis. FEBS Open Bio. 2020. 10. 4. 657-673
  • Haruka Yamamoto, Tetsuo Kon, Yoshihiro Omori, Takahisa Furukawa. Functional and Evolutionary Diversification of Otx2 and Crx in Vertebrate Retinal Photoreceptor and Bipolar Cell Development. Cell Reports. 2020. 30. 3. 658-671.e5
  • Yoshihiro Omori, Tetsuo Kon. Goldfish: an old and new model system to study vertebrate development, evolution and human disease. The Journal of Biochemistry. 2019. 165. 3. 209-218
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (1件):
  • Encyclopedia of Signaling Molecules Second Edition
    2018
講演・口頭発表等 (6件):
  • 全ゲノムシーケンス解析によるキンギョの多様な表現型が出現する分子メカニズムの解明
    (ROIS-DS成果報告会 2021)
  • Understanding of the molecular mechanisms underlying the morphological diversity of goldfish (Carassius auratus) strains
    (第43回日本分子生物学会年会、ワークショップ1AW-14「サカナとムシの適応進化とゲノム解析、その新展開」 2020)
  • A data-scientific approach toward understanding of the goldfish genome and morphological diversity
    (Global Collaboration on Data beyond Disciplines, Forum of Early Career Data Scientists in the Asia-Oceania Area 2020)
  • キンギョの全ゲノム配列決定と品種に見られる多様な表現型を規定する遺伝子の探索
    (第42回日本分子生物学会年会、ワークショップ3PW-10「脊索動物のゲノム進化研究が直面している新たな局面」 2019)
  • Functional diversity of Otx2 and Crx in retinal development
    (ARVO Annual Meeting 2019 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2016 - 2020 大阪大学
  • 2008 - 2014 三重大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2020/10 - 現在 長浜バイオ大学 プロジェクト特任助教
  • 2020/04 - 2020/09 長浜バイオ大学 研究員
  • 2014/04 - 2016/03 地方独立行政法人桑名市総合医療センター 初期臨床研修医
受賞 (5件):
  • 2016/02 - 第12回三重卒後研修医学会 優秀賞
  • 2015/10 - 第227回日本内科学会東海地方会 優秀演題賞
  • 2015/02 - 第11回三重卒後研修医学会 最優秀賞
  • 2012/08 - 生化学若い研究者の会第52回生命科学夏の学校 特別賞
  • 2010 - 中村積善会 給費奨学生
所属学会 (1件):
日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る