研究者
J-GLOBAL ID:202001014667668104   更新日: 2024年02月17日

眞下 苑子

マシモ ソノコ | Mashimo Sonoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/sieplaboratory/
研究分野 (2件): リハビリテーション科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (3件): スポーツ医学 ,  スポーツ傷害 ,  疫学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2022 - 2027 屋内競技における傷害予防に向けた最適な外部トレーニング負荷の確立
  • 2024 - 2026 育成年代のスポーツ現場における傷害調査の実態解明
  • 2023 - 2025 チーム競技における女性アスリートに着目した傷害発生の解明とトレーニング負荷の最適化
  • 2019 - 2023 新たなスポーツ傷害調査システムの構築
論文 (24件):
  • Sonoko Mashimo, Satoru Nishida, Akira Ito, Ryo Ogaki, Junichi Hirono, Takaaki Hogan, Naruto Yoshida. Injury data collection and utilisation practices in university sports teams: A cross-sectional study. Physical Therapy in Sport. 2023. 64. 55-61
  • Naruto Yoshida, Masaaki Koido, Hideaki Waki, Yoichi Minakawa, Sonoko Mashimo, Shogo Miyazaki. Effects of Physical and Psychological Factors on Sports Injury Occurrence in Collegiate Football Players. Football Science. 2023. 20. 27-37
  • Naruto Yoshida, Shogo Miyazaki, Hideaki Waki, Yoichi Minakawa, Masaaki Koido, Sonoko Mashimo. Health status of university football athletes through multidimensional screening. The Physician and Sportsmedicine. 2023
  • Sonoko Mashimo, Ryo Ogaki, Hirokazu Suhara, Naruto Yoshida. Sports Injury Surveillance Systems and Guidelines in Japan: A Systematic Review. International Journal of Sports Medicine. 2022. 43. 14. 1163-1172
  • Sonoko Mashimo, Takaaki Hogan, Satoru Nishida, Yumi Watanabe, Yuya Matsuki, Hirokazu Suhara, Naruto Yoshida. Influence of Surveillance Methods in the Detection of Sports Injuries and Illnesses. International Journal of Sports Physical Therapy. 2022. 17. 6. 1119-1127
もっと見る
MISC (21件):
  • 眞下苑子, 山田永子, 宝官孝明, 竹上綾香, 関根悠太, 吉田成仁. 小学ハンドボール選手における外傷・障害発生の実態. ハンドボールリサーチ. 2023. 12. 11-21
  • 眞下苑子. 世界および日本におけるスポーツ外傷・障害・疾病調査システム. 日本アスレティックトレーニング学会誌. 2022. 8. 1. 11-18
  • 山中美和子, 眞下苑子, 砂川憲彦. 共同声明・提言書から読み解くスポーツ外傷・障害および疾病調査手法. 日本アスレティックトレーニング学会誌. 2022. 8. 1. 11-18
  • 砂川憲彦, 真鍋知宏, 半谷美夏, 細川由梨, 奥脇透, 広瀬統一, 中山晴雄, 武冨修治, 笠原政志, 眞下苑子, et al. スポーツ外傷・障害および疾病調査に関する提言書:日本臨床スポーツ医学会・日本アスレティックトレーニング学会共同声明. 日本臨床スポーツ医学会誌. 2022. 30. 2. 317-331
  • 砂川憲彦, 真鍋知宏, 半谷美夏, 細川由梨, 奥脇透, 広瀬統一, 中山晴雄, 武冨修治, 笠原政志, 眞下苑子, et al. スポーツ外傷・障害および疾病調査に関する提言書:日本臨床スポーツ医学会・日本アスレティックトレーニング学会共同声明. 日本アスレティックトレーニング学会誌. 2022. 7. 2. 155-171
もっと見る
書籍 (1件):
  • 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト. 第2巻安全・健康管理およびスポーツ外傷・障害の予防
    2022
講演・口頭発表等 (37件):
  • 信頼性の高い疫学データを蓄積するために -共同声明が生まれた背景、そして目指す未来-
    (第12回日本アスレティックトレーニング学会学術集会 2023)
  • 大学男子サッカー選手における傷害発生の実態
    (第12回日本アスレティックトレーニング学会学術大会 2023)
  • The usefulness of the Japanese injury surveillance systems for sports injury prevention
    (The 28th Annual Congress of the European College of Sport Science 2023)
  • 傷害調査の概要および傷害調査結果の報告
    (第72回全日本鍼灸学会学術大会神戸大会 2023)
  • 知っておきたいアスリート支援のためのスポーツ医学
    (東洋はり医学会研修会 2023)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 大阪電気通信大学 共通教育機構 人間科学教育研究センター 准教授
  • 2018/04 - 2021/03 大阪電気通信大学 共通教育機構 人間科学教育研究センター 特任講師
委員歴 (2件):
  • 2021/06 - 現在 日本アスレティックトレーニング学会 学術委員
  • 2021/06 - 現在 日本アスレティックトレーニング学会 代議員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る