研究者
J-GLOBAL ID:202001014667668104   更新日: 2021年10月09日

眞下 苑子

マシモ ソノコ | Mashimo Sonoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): リハビリテーション科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (3件): スポーツ医学 ,  スポーツ傷害 ,  疫学
論文 (12件):
  • Sonoko Mashimo, Naruto Yoshida, Tatsu Moriwaki, Ayaka Takegami, Keita Suzuki, Daniel T.P. Fong, Grethe Myklebust, Shinzo Onishi. Injuries in Japanese university handball: a study among 1017 players. Research in Sports Medicine. 2021. 29. 5. 475-485
  • Sonoko Mashimo, Naruto Yoshida, Ayaka Takegami, Keita Suzuki, Shinzo Onishi. Injury pattern according to player position in Japanese youth handball: A cross-sectional study among 2377 players. Physical Therapy in Sport. 2021. 50. 7-14
  • Sonoko Mashimo, Naruto Yoshida, Takaaki Hogan, Ayaka Takegami, Satoru Nishida, Yasuharu Nagano. An update of the Japanese Oslo Sports Trauma Research Center questionnaires on overuse injuries and health problems. PLOS ONE. 2021. 16. 4. e0249685-e0249685
  • Maya Hagiwara, Tomoyo Usami, Sonoko Mashimo. Epidemiology of injuries in amateur soccer players. 新潟経営大学紀要. 2021. 27. 17-23
  • 眞下苑子, 吉田成仁, 森脇龍, 竹上綾香, 藁科侑希, 永井智, 大西信三, 白木仁. 高校ハンドボール選手における傷害発生の実態. 体力科学. 2021. 70. 1. 79-89
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • アスレティックトレーナーのための調査研究入門
    (第10回日本アスレティックトレーニング学会学術集会 2021)
  • 日本語版Oslo Sports Trauma Research Center質問紙の原版と改訂版の比較
    (第10回日本アスレティックトレーニング学会学術集会 2021)
  • 高校・大学年代の剣道競技者におけるアキレス腱断裂についての大規模調査
    (第10回日本アスレティックトレーニング学会学術集会 2021)
  • Prevalence and severity of health problems in university football players.
    (The 26th Annual Congress of the European College of Sport Science 2021)
  • Injury prevention strategies of anterior cruciate ligament: Comparison between Western countries and Asian countries
    (The 11th Asia Conference on Kinesiology 2021)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 大阪電気通信大学 共通教育機構 人間科学教育研究センター 准教授
  • 2018/04 - 2021/03 大阪電気通信大学 共通教育機構 人間科学教育研究センター 特任講師
委員歴 (2件):
  • 2021/06 - 現在 日本アスレティックトレーニング学会 学術委員
  • 2021/06 - 現在 日本アスレティックトレーニング学会 代議員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る