研究者
J-GLOBAL ID:202001014822943303   更新日: 2020年04月14日

坂本 亘

Sakamoto Wataru
所属機関・部署:
職名: 技術専門職員
研究分野 (1件): 実験動物学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2018 環境エンリッチメントとしての“香り”の有効性の研究
  • 2015 - 2015 マウス乾燥精子のDNA損傷および受精能・発生能に関する研究
  • 2012 - 2012 マウス分娩促進法の確立
論文 (2件):
  • Wataru Sakamoto, Takehito Kaneko, Naomi Nakagata. Use of frozen-thawed oocytes for efficient production of normal offspring from cryopreserved mouse spermatozoa showing low fertility. Comparative medicine. 2005. 55. 2. 136-9
  • Kimie Suzuki, Nobuhiko Yoshimoto, Kohji Shimoda, Wataru Sakamoto, Yukie Ide, Takehito Kaneko, Tatsuyuki Nakashima, Ikuo Hayasaka, Naomi Nakagata. Cytoplasmic dysmorphisms in metaphase II chimpanzee oocytes. Reproductive biomedicine online. 2004. 9. 1. 54-8
所属学会 (2件):
日本実験動物技術者協会 ,  日本実験動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る