研究者
J-GLOBAL ID:202001015186630410   更新日: 2022年01月11日

小池 (大内) 梨江

コイケ リエ | Koike (Ouchi) Rie
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (6件): 再生医学 ,  神経 ,  肝臓 ,  iPS細胞 ,  オルガノイド ,  三次元培養
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2023 ヒト肝臓オルガノイドを用いた肝内自律神経によるNASHの病態進展制御機構の解明
  • 2014 - 2016 グリオブラストーマ幹細胞におけるテロメア長維持機構の解明
論文 (10件):
  • Hiroyuki Koike, Kentaro Iwasawa, Rie Ouchi, Mari Maezawa, Masaki Kimura, Asuka Kodaka, Shozo Nishii, Wendy L Thompson, Takanori Takebe. Engineering human hepato-biliary-pancreatic organoids from pluripotent stem cells. Nature protocols. 2021
  • Tadahiro Shinozawa, Masaki Kimura, Yuqi Cai, Norikazu Saiki, Yosuke Yoneyama, Rie Ouchi, Hiroyuki Koike, Mari Maezawa, Ran-Ran Zhang, Andrew Dunn, et al. High-Fidelity Drug-Induced Liver Injury Screen Using Human Pluripotent Stem Cell-Derived Organoids. Gastroenterology. 2020
  • Naritaka Kobayashi, Shodai Togo, Takahisa Matsuzaki, Kaede Hashiseko, Ryuzo Kawamura, Masami Suganuma, Seiichiro Nakabayashi, Yosuke Yoneyama, Rie Ouchi, Takanori Takebe, et al. Stiffness distribution analysis in indentation depth direction reveals clear mechanical features of cells and organoids by using AFM. Applied Physics Express. 2020. 13. 9
  • Hiroyuki Koike, Kentaro Iwasawa, Rie Ouchi, Mari Maezawa, Kirsten Giesbrecht, Norikazu Saiki, Autumn Ferguson, Masaki Kimura, Wendy L Thompson, James M Wells, et al. Modelling human hepato-biliary-pancreatic organogenesis from the foregut-midgut boundary. Nature. 2019. 574. 7776. 112-116
  • Rie Ouchi, Shodai Togo, Masaki Kimura, Tadahiro Shinozawa, Masaru Koido, Hiroyuki Koike, Wendy Thompson, Rebekah A Karns, Christopher N Mayhew, Patrick S McGrath, et al. Modeling Steatohepatitis in Humans with Pluripotent Stem Cell-Derived Organoids. Cell metabolism. 2019. 30. 2. 374-384
もっと見る
MISC (2件):
  • 大内 梨江, 武部 貴則. 【iPS再生医療の最前線】iPS細胞を用いたヒューマン・オルガノイド研究. BIO Clinica. 2019. 34. 13. 1306-1310
  • 大内梨江, 上野康晴, 小池博之, 小花裕太, 磯野恭一, 古関明彦, 谷口英樹. 肝幹細胞の増殖・分化におけるポリコーム群タンパク質Ezh2の機能解析. 再生医療. 2013. 12
特許 (1件):
  • 肝臓オルガノイド疾患モデルおよびその作製方法
書籍 (1件):
  • オルガノイド実験スタンダード : 決定版 : 開発者直伝!珠玉のプロトコール集
    羊土社 2019 ISBN:9784758122399
講演・口頭発表等 (16件):
  • MODELING STEATOHEPATITIS WITH MULTICELLULAR ORGANOIDS FROM HUMAN INDUCED PLURIPOTENT STEM CELLS
    (The International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 2021 2021)
  • 炎症・線維化病態を再現するヒューマンオルガノイド技術の開発の成功
    (United Japanese Researchers Around the World Paper Award 2020 2020)
  • ヒトiPS細胞由来肝臓オルガノイドを用いた炎症・線維化モデルの構築
    (第65回応用物理学会春季学術講演会 2018)
  • Modeling Inflammation And Fibrosis In Human with iPSC-derived Multi-Cellular Liver Organoid
    (Endoderm Club Research Seminar Spring 2018 2018)
  • ミニ肝臓を用いた脂肪酸蓄積による臓器構造・機能の時空間ダイナミクスの解明
    (第7回CSJ化学フェスタ 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2016 東京大学 メディカル情報生命専攻
  • 2011 - 2013 横浜市立大学 医科学専攻
  • 2009 - 2011 玉川大学 生命化学科
  • 2006 - 2008 College of the Desert, CA, U.S.A.
経歴 (4件):
  • 2018/06 - 現在 東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 創生医学コンソーシアム 特任研究員
  • 2016/06 - 2018/06 シンシナティ小児病院医療センター 消化器部門・発生生物学部門 リサーチフェロー
  • 2016/04 - 2016/06 公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター 分子生物治療研究部 客員研究員
  • 2014/04 - 2016/03 日本学術振興会特別研究員(DC2)
受賞 (16件):
  • 2021 - 公益財団 法人アステラス病態代謝研究会 竹中奨励賞
  • 2020 - United Japanese researchers Around the world (UJA) Outstanding Paper Award
  • 2020 - 2020年度コーニングライフサイエンスアンバサダー
  • 2019 - 東京医科歯科大学 次世代研究者育成ユニット第三期生
  • 2017 - Cincinnati Children’s Research Foundation, Arnold W. Strauss Fellow Award
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る