研究者
J-GLOBAL ID:202001015234474948   更新日: 2021年10月23日

竹中 菜苗

タケナカ ナナエ | Takenaka Nanae
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 臨床心理学
研究キーワード (3件): ひきこもり ,  ユング心理学 ,  心理療法
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2022 不登校への大学内多層的支援モデルの構築-日本とカナダの学生支援体制の比較より
  • 2018 - 2021 障害者の親のQOLを高めるための歯科治療における包括的家族支援プログラムの開発
  • 2017 - 2020 発達障害・精神疾患を有する大学生不登校の実態および支援の現状と課題
論文 (13件):
  • 村上旬平, 稲原美苗, 竹中菜苗, 青木健太, 新家一輝, 松川綾子, 有田憲司, 秋山茂久. 障害者歯科医療における障害のある子どもをもつ親への支援: 学際的研究からみえる現象. 日本障害者歯科学会雑誌. 2017. 38. 1. 16-23
  • 青木健太, 稲原美苗, 村上旬平, 竹中菜苗, 新家一輝, 秋山茂久. 親の支援を目指す障害者歯科への哲学対話の寄与. 障害者歯科. 2016. 37. 3. 387
  • 村上旬平, 稲原美苗, 竹中菜苗, 青木健太, 新家一輝, 有田憲司, 秋山茂久. 心理学的ならびに哲学的アプローチによる患者と家族の心理・生活状況の把握. 障害者歯科. 2016. 37. 3. 352
  • Nanae Takenaka. The realization of absolute beauty: an interpretation of the fairytale Snow White. Journal of Analytical Psychology. 2016. 64. 4. 497-514
  • 望月直人、石金直美、水田一郎、吉田裕子、三上章良、武中美佳子、竹中菜苗. 大阪大学における発達障害学生支援の現状と課題-就労支援において学内外の連携が有用であった一事例を通しての考察-. Campus Health. 2015. 52. 2. 58-63
もっと見る
MISC (5件):
  • Doris Lier, Nanae Takenaka. How can a individual refer to Anima Mundi. Proceedings of the Twentieth Congress of the International Association for Analytical Psychology. 2016
  • 壁下康信, 足立浩祥, 谷向仁, 竹中菜苗, 石金直美, 水田一郎, 工藤喬, 瀧原圭子. 学生健康教育としてのがん・緩和ケア・サイコオンコロジー講義の有用性と課題について. Campus Health. 2015. 52. 1
  • 竹中菜苗, 足立由美, 足立由美, 石金直美, 水田一郎, 足立浩祥, 谷向仁, 壁下康信, 西田誠, 川田典孝, et al. 新入生健診におけるメンタルチェックの試み-UPI,K6,レジリエンス尺度を用いて. Campus Health. 2015. 52. 1
  • 石金直美, 足立由美, 足立由美, 水田一郎, 竹中菜苗, 足立浩祥, 谷向仁, 壁下康信, 西田誠, 山本陵平, et al. 新入生健診におけるメンタルヘルスチェック結果と保健センター来談状況の関連. 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集. 2015. 53rd
  • 壁下康信, 足立浩祥, 谷向仁, 竹中菜苗, 石金直美, 水田一郎, 工藤喬, 瀧原圭子. 学生健康教育としてのがん・緩和ケア・サイコオンコロジー講義の有用性と課題について. 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集. 2014. 52nd
書籍 (7件):
  • 暗闇への探究-循環する闇と光の心理臨床学的研究
    大阪大学出版会 2017 ISBN:9784872595727
  • 幸福の人類学-クリスマスのドイツ・正月の日本
    2013
  • ユング伝記のフィクションと真相
    創元社 2011
  • Das Glück der Familie: Ethnographische Studien in Deutschland und Japan
    Heidelberg: VS Verlag 2011
  • 発達障害への心理療法的アプローチ
    創元社 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 現代の青年期に見る「出会わなさ」-長期にわたり大学に在籍した青年期男性の2事例から-
    (日本箱庭療法学会第33回大会 2019)
  • 大学生の不登校はどのようにして生じ、維持されるのか
    (第31回日本思春期青年期精神医学会/第2回国際思春期青年期精神医学・心理学会アジア地区大会 2018)
  • Psychological Difficulties of contemporary young Japanese adults: Initiation and consciousness in an isolated individual.
    (The International Society for Psychology as the Discipline of Interiority, 4th Congress 2018)
  • 文学作品に見る青年のひきこもり心性
    (日本ユング心理学会第6回大会 2017)
  • How can the individual refer to Anima Mundi?
    (XX International Congress for Analytical Psychology 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2018/04/01 - 現在 大阪大学 キャンパスライフ健康支援センター 講師
  • 2015/04/01 - 現在 大阪大学 人間科学研究科 人間科学専攻 助教【兼任】
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 大阪大学 キャンパスライフ健康支援センター 助教
  • 2014/04/01 - 2017/03/31 大阪大学 保健センター 助教
受賞 (2件):
  • 2018/11 - 日本障害者歯科学会 日本障害者歯科学会優秀論文賞
  • 2010/09 - 日本心理臨床学会 奨励賞
所属学会 (3件):
日本ユング心理学会 ,  日本箱庭療法学会 ,  日本心理臨床学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る