研究者
J-GLOBAL ID:202001015451324431   更新日: 2021年09月07日

中川 雄真

ナカガワ ユウマ | Nakagawa Yuma
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (1件): 臨床心理学
研究キーワード (5件): 睡眠障害 ,  セクシュアル・マイノリティ ,  HIV/AIDS ,  認知行動療法 ,  臨床心理学
論文 (4件):
  • 中川雄真, 茂呂寛, 川口玲, 内山正子, 新保明日香, 三枝祐美, 野田順子, 鈴木啓記, 柴田怜, 張仁美, et al. 医療従事者の HIV 感染者受け入れへの不安 -HIV 出張研修アンケートからの検討-. 日本エイズ学会誌. 2021. 23. 3. 113-121
  • 中川雄真. HIV感染例における睡眠障害:多角的視点からの検討. 日本エイズ学会誌. 2020
  • 石田 陽子, 横幕 能行, 中川 雄真, 小松 賢亮, 渡邊 愛祈, 木村 聡太, 松岡 亜由子, 豊島 崇徳, 小島 賢一. HIV診療がカウンセラーのチーム医療への姿勢に与える影響の解析 : 2015・2016年度HIV医療体制班アンケート調査から. 日本エイズ学会誌. 2019. 21. 111-117
  • 藏田 裕, 川口 玲, 渡邉 さゆり, 古谷野 淳子, 中川 雄真, 三浦 かおり, 田邊 嘉也. 新潟陽性者ピアミーティング「らっくら」取組報告. 日本エイズ学会誌. 2017. 19. 2. 97-102
講演・口頭発表等 (13件):
  • 医療従事者のHIV感染者受け入れへの不安-HIV出張研修アンケートからの検討-
    (第33回日本エイズ学会 2019)
  • 臨床心理士として-自信を守りクライエントを守る記録のあり方-
    (新潟県臨床心理士会 令和元年度第2回定例研修会 2019)
  • HIV感染症患者の睡眠障害:多角的視点からの検討
    (第32回日本エイズ学会 2018)
  • 抗レトロウイルス療法の時代における呼吸器疾患の合併に関するシステマティックレビュー
    (第32回日本エイズ学会 2018)
  • HIV感染症患者の睡眠障害と関連する要因の検討
    (第59回日本心身医学会総会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2021 新潟大学大学院 地域疾病制御医学専攻
  • 2013 - 2015 新潟青陵大学大学院 臨床心理学専攻
  • 2007 - 2012 上智大学 神学科
経歴 (2件):
  • 2016/04 - 現在 新潟大学医歯学総合病院 感染管理部 特任助教
  • 2015/04 - 2016/03 新潟大学医歯学総合病院 感染管理部 特任専門職員
所属学会 (4件):
日本心身医学会 ,  日本臨床心理学会 ,  日本エイズ学会 ,  日本心理臨床学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る