研究者
J-GLOBAL ID:202001015493046970   更新日: 2022年08月15日

五十嵐 隆元

イガラシ タカユキ | Igarashi Takayuki
所属機関・部署:
職名: 副部長
研究分野 (3件): 放射線科学 ,  放射線科学 ,  放射線科学
研究キーワード (3件): 放射線防護 ,  マンモグラフィ ,  リスクコミュニケーション
論文 (20件):
  • Kosuke Matsubara, Yasutaka Takei, Hiroshige Mori, Ikuo Kobayashi, Kimiya Noto, Takayuki Igarashi, Shoichi Suzuki, Keiichi Akahane. Corrigendum to "A multicenter study of radiation doses to the eye lenses of medical staff performing non-vascular imaging and interventional radiology procedures in Japan" [Physica Medica 74 (2020) 83-91]. Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB). 2021. 88. 262-263
  • 関澤 帆奈美, 五十嵐 隆元, 山本 江美子, 奥村 健一郎, 今井 博久, 桝田 喜正. マンモグラフィ撮影時の水晶体防護の検討-まぶたおよびフェイスガードによる効果の検討-. 日本放射線技術学会雑誌. 2021. 77. 4. 358-364
  • 藤淵 俊王, 藤田 克也, 五十嵐 隆元, 西丸 英治, 堀田 昇吾, 桜井 礼子, 小野 孝二. 放射線診療従事者の不均等被ばく管理の実態に基づく水晶体被ばく低減対策の提案. 日本放射線技術学会雑誌. 2021. 77. 2. 160-171
  • Koichiro Abe, Makoto Hosono, Takayuki Igarashi, Takashi Iimori, Masanobu Ishiguro, Teruo Ito, Tomomasa Nagahata, Hiroyuki Tsushima, Hiroshi Watanabe. The 2020 national diagnostic reference levels for nuclear medicine in Japan. Annals of nuclear medicine. 2020. 34. 11. 799-806
  • Kosuke Matsubara, Yasutaka Takei, Hiroshige Mori, Ikuo Kobayashi, Kimiya Noto, Takayuki Igarashi, Shoichi Suzuki, Keiichi Akahane. A multicenter study of radiation doses to the eye lenses of medical staff performing non-vascular imaging and interventional radiology procedures in Japan. Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB). 2020. 74. 83-91
もっと見る
MISC (66件):
  • 五十嵐隆元. スペシャルインタビュー「医療被ばく相談は人生相談と同じ 専門家として患者に向き合う診療放射線技師をめざす」. 被ばく線量管理・防護BOOK2022(RadFan2022年7月臨時増刊号)Rad Fan. 2022. 20. 8. 22-29
  • 五十嵐隆元. 特集:2022年のRadiology~ここから広がる未来がある~<被ばく低減>医療放射線防護分野は今年も大きな変化が続く. Rad Fan. 2022. 20. 4. 76-79
  • 五十嵐隆元. Medical radiation protection in a new era. Rad Fan. 2021. 19. 4. 86-90
  • 大野 和子, 上間 千秋, 浅田 恭生, 五十嵐 隆元, 大谷 浩樹, 地主 明弘, 長畑 智政, 藤淵 俊王, 渡邉 浩. 【医療被ばくの正当化と最適化に向けて Part IV Japan DRLs 2020改訂の概要と被ばく線量管理・記録の動向】Japan DRLs 2020改訂の概要と活用のポイント 一般撮影の改訂の概要と活用のポイント. INNERVISION. 2020. 35. 10. 8-10
  • 根岸 徹, 五十嵐 隆元, 久保田 一徳, 斎 政博, 西出 裕子. 【医療被ばくの正当化と最適化に向けて Part IV Japan DRLs 2020改訂の概要と被ばく線量管理・記録の動向】Japan DRLs 2020改訂の概要と活用のポイント マンモグラフィの改定の概要と活用のポイント. INNERVISION. 2020. 35. 10. 11-14
もっと見る
書籍 (11件):
  • 改訂第3版 救急撮影ガイドライン : 救急撮影認定技師標準テキスト
    へるす出版 2020 ISBN:9784892699993
  • 図解診療放射線技術実践ガイド 第4版 : 第一線で必ず役立つ知識・実践のすべて
    文光堂 2020 ISBN:9784830642326
  • 若葉マークの画像解剖学 第3版
    メジカルビュー社 2019 ISBN:9784758319300
  • 改訂第2版 救急撮影ガイドライン : 救急撮影認定技師標準テキスト
    へるす出版 2016 ISBN:9784892698866
  • X 線CT 撮影における標準化 ~ GALACTIC ~(改訂2版)
    日本放射線技術学会 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (66件):
  • 小児股関節撮影における生殖腺防護 -生殖腺や胎児防護に関する相談の事例から-
    (第78回日本放射線技術学会総会学術大会第54回放射線防護部会・放射線防護フォーラム合同企画 2022)
  • X 線撮影における生殖腺防護に関する動向 - Changing a “tradition”
    (第 11 回国際医療福祉大学学会学術大会 放射線・情報学科分科会 2021)
  • 「DRLs2020の臨床現場での応用」 一般撮影とマンモグラフィについて
    (第49回日本放射線技術学会秋季学術大会 実行委員会・放射線防護委員会合同企画 2021)
  • 医療被ばくの説明における「線量」の扱い方
    (第49回日本放射線技術学会秋季学術大会 第53回放射線防護部会 2021)
  • 医療被ばくのリスクコミュニケーション
    (日本放射線技術学会第7回医療放射線リスクコミュニケーションセミナー 2021)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2020/03 - 現在 国際医療福祉大学 成田病院 放射線技術部 副部長
  • 2019/04 - 2020/03 国際医療福祉大学成田病院 準備室
  • 1983/04 - 2019/03 総合病院国保旭中央病院 診療技術部放射線科 主幹
委員歴 (11件):
  • 2022/06 - 現在 環境省 放射線健康管理・健康不安対策事業(放射線の健康影響に係る研究調査事業)評価委員会委員
  • 2021/07 - 現在 一般社団法人 日本保健物理学会 編集委員
  • 2015/06 - 現在 医療放射線防護連絡協議会 理事
  • 2015/04 - 現在 公益社団法人 日本放射線技術学会 代議員
  • 2015/04 - 現在 公益社団法人 日本放射線技術学会 放射線防護委員長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2022/04 - 公益社団法人 日本放射線技術学会 論文支援功労賞
  • 2020/11 - 千葉県 令和2年文化の日千葉県功労者表彰 健康福祉功労
所属学会 (7件):
医療放射線防護連絡協議会 ,  日本乳癌画像研究会 ,  日本保健物理学会 ,  日本リスク学会 ,  日本臨床救急医学会 ,  日本乳癌検診学会 ,  日本放射線技術学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る