研究者
J-GLOBAL ID:202001015688743366   更新日: 2021年10月25日

髙田 鮎子

Takada Ayuko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 保存治療系歯学
研究キーワード (3件): 細胞間接着因子 ,  加齢 ,  UVB
論文 (4件):
  • Giri Sarita, Takada Ayuko, Paudel Durga, Abiko Yoshihiro, Furuichi Yasushi. Tight junction proteins, claudin and occludin in pathological conditions and aging of skin and oral mucosa: A review(和訳中). 北海道医療大学歯学雑誌. 2019. 38. 2. 95-105
  • 柳瀬 舜佑, 松本 光生, 白井 要, 高田 鮎子, 古市 保志. 歯周炎-動脈硬化モデルマウスの作製について. 日本歯周病学会会誌. 2019. 61. 秋季特別. 145-145
  • 柳瀬 舜佑, 松本 光生, 高田 鮎子, 白井 要, 古市 保志. LPS誘導iNOS発現に対するSBEの効果について. 日本歯周病学会会誌. 2019. 61. 春季特別. 134-134
  • Ayuko Takada, Kenji Matsushita, Satoru Horioka, Yasushi Furuichi, Yasunori Sumi. Bactericidal effects of 310 nm ultraviolet light-emitting diode irradiation on oral bacteria. BMC oral health. 2017. 17. 1. 96-96
MISC (8件):
  • Giri Sarita, Takada Ayuko, Furukawa Masae, Matsushita Kenji, Furuichi Yasushi. Analysis of expression of tight junction molecules in young and senescence induced gingival epithelial cells in response to Porphyromonas gingivalis lipopolysachharide(和訳中). 日本歯周病学会会誌. 2020. 62. 春季特別. 144-144
  • Nattakarn Hosiriluck, Takada Ayuko, Kashio Haruna, Mizoguchi Itaru, Arakawa Toshiya. 機械的ストレスはヒト歯周靱帯線維芽細胞においてPDL関連遺伝子を誘導する(Mechanical stress induces PDL related gene in human periodontal ligament fibroblast). Journal of Oral Biosciences Supplement. 2019. 2019. 299-299
  • Giri Sarita, 高田 鮎子, 古川 匡恵, 松下 健二, 古市 保志. 老化誘発性歯肉上皮と幼若歯肉上皮における細胞間接着関連タンパク質の発現比較. 日本歯周病学会会誌. 2019. 61. 秋季特別. 140-140
  • 高田 鮎子, 松下 健二, 堀岡 悟, 古市 保志, 角 保徳. 新しい歯周炎予防・治療法としての310nmUVB-LEDの可能性 特に口腔細菌に対する殺菌作用の検討. 日本歯周病学会会誌. 2017. 59. 秋季特別. 198-198
  • 高田 鮎子, 王 静舒, 古市 保志, 松下 健二. 老齢マウスにおける細胞間接着分子発現動態の解析 加齢関連疾患としての歯周病病態形成との関連性. 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集. 2017. 17回. 198-198
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る