研究者
J-GLOBAL ID:202001016076751927   更新日: 2021年07月03日

安部 由美子

アベ ユミコ | ABE YUMIKO
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 教育工学 ,  教育学 ,  言語学 ,  外国語教育
研究キーワード (4件): 異文化間コミュニケーション ,  コンピュータ支援による協調学習 ,  e-ラーニング ,  英語教育
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 海外連携による外国語学習における反転学習の実践と課題-自己調整学習の観点から
  • 2013 - 2016 大学英語教育における同期型CSCL利用に関する研究- 国際協調学習の実践と課題
  • 2010 - 2011 e-ラーニング学習システムによる英語読解効率に関する研究
論文 (14件):
  • Yumiko Abe, James A. Elwood, Yin Yin Khoo, Michael Hood. The relationship between self-regulation skills and English proficiency among Asian EFL learners in the flipped online classroom. Int. J. Knowledge and Learning, INDERSCIENCE PUBLISHERS. 2021. 14. 2. 159-174
  • 安部由美子. Teams と Moodle を活用したオンライン授業改善. 外国語教育メディア学会 (LET) 関西支部研究集録. 2021. 19. 83-96
  • Self-Regulated Learning, e-Learning, and the Flipped Classroom: A Comparative Study. 外国語教育メディア学会 (LET). 2020. 56. 133-156
  • The Effects of Synchronous CMC on English Proficiency and Social Presence, Affinity for Partners: Text Versus Video Chat between Japanese and Philippine EFL Learners. 電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌). 2019. 139. 11. 486-491
  • Effects of Synchronous CSCL on Perceived Social Presence, Satisfaction, and Learning: Text Versus Video Chat Among EFL learners. Advanced Science Letters. 2018. 24. 11. 8043-8046
もっと見る
MISC (4件):
  • Yumiko Abe, Michael Hood, James Elwood, Yukihiro Mashiko. e-ポートフォリオを利用した海外連携の外国語における反転学習の実験と課題. 日本教育工学会研究報告書 JSET. 2019. 19. 5. 119-124
  • 安部由美子, 益子行弘. The Mediating Role of Cognitive and Social Presence on the Relationship between Perceived Interaction and Satisfaction in CSCL. 広島工業大学紀要 教育編. 2017. 16. 1-9
  • 安部由美子, 益子行弘. 同期型CSCLを使った国際協調的外国語学習の実践-ツールの違いにおける社会的存在感と満足度の関係性. 広島工業大学教育編 紀要(英語論説資料50号収録). 2016. 15. 1-10
  • 安部由美子, 松田憲. CALL 教材におけるスピード調節機能付きチャンク提示法に関する実証研究. 東北公益文科大学論文集. 2011. 20. 1-12
講演・口頭発表等 (12件):
  • e-ポートフォリオを利用した海外の外国語における反転学習の実験と課題
    (日本教育工学会研究会 2019)
  • 海外連携による外国語学習における反転学習の実践と課題
    (第58回全国研究大会 外国語教育メディア学会(LET) 2018)
  • Practice and Issues of Flipped Learning with Overseas University in English Learning
    (CALICO (Computer- Associated Language Instruction Consortium) Annual Conference 2018,University of Illinois, Urbana- Champaign, USA 2018)
  • Effects of Synchronous CSCL on Perceived Social Presence, Satisfaction, and Learning: Text Versus Video Chat Among EFL learners
    (MATESAS (Malaysia Technical Scientist Association) Conference, MELAKA 2017)
  • 同期型CSCLを使った国際協調学習の実践-ツールの違いにおける社会的存在感と満足度との関係性
    (第17回日本感性工学会大会 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 国際基督教大学大学院(ICU)PhD (教育学)
  • 米国コロンビア大学大学院, ティーチャーズカレッジ, NY校, EDM (教育学修士)
  • 米国コロンビア大学大学院, ティーチャーズカレッジ, NY校 MA (文学修士)
所属学会 (1件):
Computer-Assisted Language Instruction Consortium (CALICO)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る