研究者
J-GLOBAL ID:202001016235978792   更新日: 2024年01月30日

正岡 建洋

マサオカ タツヒロ | Tatsuhiro Masaoka
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 消化器内科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2013 - 2016 脂質摂取によるLRP1を介した消化管運動調節機構の検討
  • 2012 - 2014 非可逆性糖尿病性胃麻痺に対する神経幹細胞移植の開発
  • 2007 - 2008 口腔胃相関からみた摂食早期の一酸化窒素介在型グレリン分泌機構
  • 2005 - 2006 グレリンを介した胃内一酸化窒素(NO)の生理作用の検討
  • 2003 - 2004 新規消化管ホルモン,グレリンの分泌調節機構の検討
論文 (332件):
  • Tatsuhiro Masaoka. Current Management of Chronic Constipation in Japan. The Keio journal of medicine. 2023
  • 森 英毅, 正岡 建洋, 松崎 潤太郎, 水上 健, 金井 隆典. 「消化管疾患と性差」 慢性便秘症患者における症状・QOL・治療反応の性差の検討. 日本高齢消化器病学会誌. 2023. 26. 1. 150-150
  • Hidetoshi Kitamura, Mikinori Kataoka, Yuri Imura, Kenjiro Yamamoto, Rumiko Umeda, Koji Takano, Chikako Watanabe, Tatsuhiro Masaoka, Kunihiro Hosono, Atsushi Nakajima. Endoscopic ultrasound-assisted rendezvous by transgastric approach in malignant extrahepatic bile duct stricture. Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences. 2023. 30. 7. e46-e48
  • 正岡 建洋. 【機能性消化管障害の治療戦略】機能性消化管障害(FDとIBS)に合併しやすい疾患は何か?予後は良好なのか?. カレントテラピー. 2023. 41. 6. 557-560
  • 正岡 建洋. 【硬すぎず,ゆるすぎない やさしい便秘・下痢サポート術】便秘編 便秘薬の種類と特徴を学ぼう!. 薬局. 2023. 74. 6. 1086-1089
もっと見る
MISC (14件):
  • 猪口 和美, 正岡 建洋, 森 英毅, 松崎 潤太郎, 平田 賢郎, 原田 洋輔, 齋藤 義正, 鈴木 秀和, 金井 隆典. H.pylori除菌治療の工夫と問題点 三次以降のHelicobacter pylori除菌療法としての低用量リファブチン含有レジメンの評価. 日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集. 2022. 28回. 90-90
  • 猪口 和美, 正岡 建洋. 【いま知っておきたい! 内科最新トピックス】巻頭トピックス 新規便秘治療薬の特徴. 内科. 2020. 126. 3. 353-356
  • 正岡 建洋, 山田 祥岳, 水野 達人, 山田 稔, 横山 陽一, 山本 悠太, 亀山 尚子, 鈴木 達也, 金井 隆典, 陣崎 雅弘. 320列面検出器型立位CTを用いた内視鏡的Flap valve評価法の妥当性の検討. 日本消化器病学会雑誌. 2019. 116. 臨増大会. A831-A831
  • 津軽 開, 高林 馨, 南木 康作, 野田 まりん, 下嵜 啓太郎, 林 由紀恵, 平田 賢郎, 福原 佳代子, 三上 洋平, 水野 慎大, et al. 広範な潰瘍性病変を呈したアメーバ性大腸炎の一例. Progress of Digestive Endoscopy. 2019. 95. Suppl. s95-s95
  • Hideki Mori, Hitoshi Tsugawa, Juntaro Matsuzaki, Yuki Kashiwazaki, Tatsuhiro Masaoka, Toshio Uraoka, Takanori Kanai, Hidekazu Suzuki. H. pylori infection enhanced cell invasion and proliferation via CagA accumulation in CD44v9-expressing cancer stem-like cells. JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY. 2016. 31. 46-47
もっと見る
講演・口頭発表等 (69件):
  • <i>Helicobacter pylori</i> 感染スナネズミ胃炎の進展とSonic Hedgehog 発現の関連 -胃粘膜再生への新規マーカーの模索- 「消化器領域の再生医療 Part II」
    (第22回Cytoprotection研究会 2004)
  • PPIのbeyond acid suppression-<i>H.pylori</i> 除菌後陰性易再発性潰瘍に対するPPIの効果
    (第22回Cytoprotection研究会 2004)
  • Passive transfer of Anti-urease immunoglobulin Y can confer protection against <i>Helicobacter pylori</i> infection
    (Annual Conference of Japan-Korea Joint Meeting on <i>Helicobacter</i> Infection 2004)
  • Human β defensinの胃粘膜炎症・免疫反応及び微小循環系への影響能の検討
    (第29回日本微小循環学会総会 2004)
  • <i>Helicobacter pylori</i>感染スナネズミ胃炎におけるSonic Hedgehog (Shh)の検討
    (第15回消化管細胞機能研究会 2004)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る