研究者
J-GLOBAL ID:202001016577323780   更新日: 2022年04月04日

長島 卓也

ナガシマ タクヤ | NAGASHIMA Takuya
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 生命、健康、医療情報学 ,  薬理学
研究キーワード (2件): クリニカルインフォマティクス ,  分子薬理学
論文 (9件):
  • Takuya Nagashima, Takashi Hayakawa, Hayato Akimoto, Kimino Minagawa, Yasuo Takahashi, Satoshi Asai. Identifying antidepressants less likely to cause hyponatremia: triangulation of retrospective cohort, disproportionality, and pharmacodynamic studies. Clinical Pharmacology & Therapeutics. 2022. in press
  • Hayato Akimoto, Takuya Nagashima, Kimino Minagawa, Takashi Hayakawa, Yasuo Takahashi, Satoshi Asai. Signal Detection of Potential Hepatotoxic Drugs: Case-Control Study Using Both a Spontaneous Reporting System and Electronic Medical Records. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2021. 44. 10. 1514-1523
  • Soni Siswanto, Hiroki Yamamoto, Haruka Furuta, Mone Kobayashi, Takuya Nagashima, Gen Kayanuma, Kazuki Nagayasu, Yumiko Imai, Shuji Kaneko. Drug Repurposing Prediction and Validation From Clinical Big Data for the Effective Treatment of Interstitial Lung Disease. Frontiers in Pharmacology. 2021. 12. 635293
  • Koki Nagaoka, Takuya Nagashima, Nozomi Asaoka, Hiroki Yamamoto, Chihiro Toda, Gen Kayanuma, Soni Siswanto, Yasuhiro Funahashi, Keisuke Kuroda, Kozo Kaibuchi, et al. Striatal TRPV1 activation by acetaminophen ameliorates dopamine D2 receptor antagonist-induced orofacial dyskinesia. JCI Insight. 2021. 6. 10. e145632
  • 高橋 泰夫, 長島 卓也, 浅井 聰. 日本大学医学部220 万人15 年間の医療ビッグデータを基にした 臨床薬理学的研究. 臨床薬理. 2021. 52. 2. 51-54
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • 抗精神病薬による有害事象の軽減方法の探索: 臨床情報データベースを用いた時系列解析
    (第68回日本薬学回近畿支部総会・大会 2018)
  • Prevention of antipsychotic-induced hyperglycemia by vitamin D: a data mining prediction followed by experimental exploration of the molecular mechanism
    (18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2018)
  • 臨床ビッグデータ解析と薬理学的実験の統合による腱障害分子メカニズムの解明
    (第67回日本薬学会近畿支部総会・大会 2017)
  • 有害事象FAERSデータベースの網羅的解析によるドラッグ・リポジショニング
    (日本薬学会第137年会 2017)
  • 抗精神病薬が起こす高血糖のビタミンDによる防止: データマイニングによる仮説導出と実験による分子メカニズムの解明
    (第26回医療薬学会年会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2020 京都大学 薬学専攻
  • - 2016 京都大学 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都大学)
所属学会 (2件):
日本臨床薬理学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る