研究者
J-GLOBAL ID:202001016577323780   更新日: 2021年01月11日

長島 卓也

ナガシマ タクヤ | Nagashima Takuya
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 生命、健康、医療情報学 ,  薬理学
研究キーワード (2件): クリニカルインフォマティクス ,  分子薬理学
論文 (4件):
  • Shuji Kaneko, Takuya Nagashima. Drug Repositioning and Target Finding Based on Clinical Evidence. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2020. 43. 3. 362-365
  • Konaka Yuina, Furuta Haruka, Nagashima Takuya, Kaneko Shuji. Data mining approach for the treatment of drug adverse effects: olanzapine-induced hyperglycemia can be inhibited by vitamin D. ELCAS Journal. 2018. 3. 16-19
  • Hisashi Shirakawa, Rumi Katsumoto, Shota Iida, Takahito Miyake, Takuya Higuchi, Takuya Nagashima, Kazuki Nagayasu, Takayuki Nakagawa, Shuji Kaneko. Sphingosine-1-phosphate induces Ca2+ signaling and CXCL1 release via TRPC6 channel in astrocytes. Glia. 2017. 65. 6. 1005-1016
  • Takuya Nagashima, Hisashi Shirakawa, Takayuki Nakagawa, Shuji Kaneko. Prevention of antipsychotic-induced hyperglycaemia by vitamin D: a data mining prediction followed by experimental exploration of the molecular mechanism. Scientific Reports. 2016. 6. 26375
講演・口頭発表等 (9件):
  • 抗精神病薬による有害事象の軽減方法の探索: 臨床情報データベースを用いた時系列解析
    (第68回日本薬学回近畿支部総会・大会 2018)
  • Prevention of antipsychotic-induced hyperglycemia by vitamin D: a data mining prediction followed by experimental exploration of the molecular mechanism
    (18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2018)
  • 臨床ビッグデータ解析と薬理学的実験の統合による腱障害分子メカニズムの解明
    (第67回日本薬学会近畿支部総会・大会 2017)
  • 有害事象FAERSデータベースの網羅的解析によるドラッグ・リポジショニング
    (日本薬学会第137年会 2017)
  • 抗精神病薬が起こす高血糖のビタミンDによる防止: データマイニングによる仮説導出と実験による分子メカニズムの解明
    (第26回医療薬学会年会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2020 京都大学 薬学専攻
  • - 2016 京都大学 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都大学)
所属学会 (2件):
日本臨床薬理学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る