研究者
J-GLOBAL ID:202001016672472865   更新日: 2021年04月02日

川田 賢一

カワダ ケンイチ | Kawada Ken-ichi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 原子力工学
論文 (9件):
  • Ken ichi Kawada, Tohru Suzuki. Study on dominant aspects of unprotected loss-of-flow to be evaluated in the initiating phase for a sodium-cooled fast reactor. Journal of Nuclear Science and Technology. 2020
  • Shinya Ishida, Ken Ichi Kawada, Yoshitaka Fukano. Validation study of initiating phase evaluation method for the core disruptive accident in an SFR. International Conference on Nuclear Engineering, Proceedings, ICONE. 2019. 2019-May
  • A. Tentner, A. Karahan, K. Kawada. SAS4A simulations of post-failure fuel relocation in the BI3 CABRI-1 oxide fuel experiment. Transactions of the American Nuclear Society. 2019. 121. 1709-1712
  • A. Karahan, K. Kawada, A. Tentner. SAS4A simulations of selected CABRI-1 oxide fuel experiments. International Topical Meeting on Advances in Thermal Hydraulics, ATH 2018 - Embedded Topical Meeting. 2018. 1181-1184
  • Ryuzaburo Kubota, Kazuya Koyama, Hiroyuki Moriwaki, Yumi Yamada, Yoshio Shimakawa, Suzuki Tohru, Kenichi Kawada, Shigenobu Kubo, Hidemasa Yamano. SAS4A analysis study on the initiating phase of atws events for generation-IV loop-type SFR. 2017 International Congress on Advances in Nuclear Power Plants, ICAPP 2017 - A New Paradigm in Nuclear Power Safety, Proceedings. 2017
もっと見る
MISC (5件):
  • 飛田 吉春, 川田 賢一, 佐藤 一憲. 「常陽」における確率論的安全評価(その4):(2) 「常陽」UTOP事象の炉心損傷事象推移評価. 日本原子力学会 年会・大会予稿集. 2012. 2012. 0. 380-380
  • 佐藤 一憲, 深野 義隆, 川田 賢一. 「常陽」における確率論的安全評価(その3):(2) 「常陽」UTOP事象の初期過程評価. 日本原子力学会 年会・大会予稿集. 2011. 2011. 0. 383-383
  • 川田 賢一, 佐藤 一憲. 高速炉の再臨界問題排除に向けたULOF事象推移評価(1):起因過程における最確事象推移. 日本原子力学会 年会・大会予稿集. 2004. 2004. 0. 325-325
  • 飛田 吉春, 佐藤 一憲, 川田 賢一. 高速炉の再臨界問題排除に向けたULOF事象推移評価(2):後続過程における最確事象推移. 日本原子力学会 年会・大会予稿集. 2004. 2004. 0. 326-326
  • 佐藤 一憲, 飛田 吉春, 川田 賢一. 高速炉の再臨界問題排除に向けたULOF事象推移評価(3):不確定性を考慮した事故推移全体像と今後のアプローチ. 日本原子力学会 年会・大会予稿集. 2004. 2004. 0. 327-327
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る