研究者
J-GLOBAL ID:202001016834205360   更新日: 2020年09月01日

西野 美都子

ニシノ ミツコ | Hayashi-Nishino Mitsuko
所属機関・部署:
職名: 助教
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2022 上皮細胞の極性輸送における細胞小器官内選別輸送ゾーンの有無とその意義
  • 2017 - 2020 機械学習・人工知能による多剤耐性菌のモデル化と自動判別技術開発
  • 2014 - 2018 細胞内輸送の高効率化とゴルジ体構造変化に関わるゴルジンタンパク質の機能解析
  • 2014 - 2018 ABC型トランスポーターによる細菌病原性制御機構の解明
  • 2011 - 2012 多剤耐性と病原性発現に関与する薬剤排出トランスポーターの機能解明と阻害剤開発
全件表示
論文 (111件):
  • Ayano Satoh, Mitsuko Hayashi-Nishino, Takuto Shakuno, Junko Masuda, Mayuko Koreishi, Runa Murakami, Yoshimasa Nakamura, Toshiyuki Nakamura, Naomi Abe-Kanoh, Yasuko Honjo, et al. The golgin protein giantin regulates interconnections between Golgi stacks. Frontiers in Cell and Developmental Biology. 2019. 7. AUG. 160-160
  • Seiji Yamasaki, Takuma Fujioka, Katsuhiko Hayashi, Suguru Yamasaki, Mitsuko Hayashi-Nishino, Kunihiko Nishino. Phenotype microarray analysis of the drug efflux systems in Salmonella enterica serovar Typhimurium. Journal of Infection and Chemotherapy. 2016. 22. 11. 780-784
  • 武内 優奈, 西野 美都子, 古澤 力, 西野 邦彦. 多剤耐性菌自動判別技術開発に向けた耐性株の形態学的解析. 日本薬学会年会要旨集. 2016. 136年会. 3. 194-194
  • 武内 優奈, 西野 美都子, 古澤 力, 西野 邦彦. 多剤耐性菌自動判別技術開発に向けた耐性株の形態学的解析. 日本細菌学雑誌. 2016. 71. 1. 90-90
  • 山崎 聖司, 王 麗媛, 平田 隆弘, 西野 美都子, 西野 邦彦. 大腸菌バイオフィルム形成における薬剤排出ポンプの役割(Multidrug efflux pumps contribute not to produce but to maintain the biofilm of Escherichia coli). 日本細菌学雑誌. 2016. 71. 1. 90-90
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る