研究者
J-GLOBAL ID:202001016944836608   更新日: 2020年07月03日

立部 文崇

Tatebe Fumitaka
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 日本語教育
研究キーワード (6件): 電子教材 ,  雑談 ,  会話能力 ,  話し言葉 ,  終助詞 ,  日本語教育
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 日本語学習者の雑談力育成 2者および3者間会話を開始、維持、終結させる能力の研究
  • 2017 - 2021 日本語教師の発話コーパスの作成
  • 2015 - 2016 日本語教師発話コーパスの作成
論文 (5件):
  • 立部 文崇. 終助詞「ネ」の運用上の制限に関する考察. 徳山大学総合研究所紀要. 2020. 42. 59-77
  • 立部 文崇, 藤田 裕一郎. 学習初期段階の「ネ」の学習者ルールとその要因 : 学習者コーパスと日本語教師発話コーパスの比較から. 徳山大学論叢 = The Review of Tokuyama University. 2019. 89. 19-39
  • 立部 文崇. マルチ画面を活用した動画教材の作成. 徳山大学論叢 = The Review of Tokuyama University. 2017. 85. 87-95
  • 立部 文崇, 山本 晋也. 留学生による小学校児童への絵本の読み聞かせから考える留学生教育の可能性 : 2014年度「地域ゼミ」の振り返りを通じて. 徳山大学総合研究所紀要. 2015. 37. 81-95
  • 立部 文崇. 間投助詞「ね」と終助詞「ね」の区別に関する考察. 徳山大学論叢. 2014. 79. 1-13
MISC (9件):
  • 藤田 裕一郎, 立部 文崇. 日本語学習者が接する授業内インプットと教室外インプットの比較. 朝日大学留学生別科紀要. 2020. 17. 17. 17-22
  • 前田 一篤, 立部 文崇. 学校体育における水泳指導についての視覚教材の検討. 徳山大学論叢 = The Review of Tokuyama University. 2017. 85. 77-85
  • 久我 瞳, 立部 文崇. 日本語教育機関へのICT導入に関する考察. 徳山大学論叢 = The Review of Tokuyama University. 2016. 83. 19-34
  • 山本 晋也, 立部 文崇. 留学生カリキュラムの改編とその実践的意義. 徳山大学論叢 = The Review of Tokuyama University. 2016. 82. 43-58
  • 立部 文崇. 返信メールから考える「Eメールの書き方指導」. 徳山大学総合研究所紀要. 2016. 38. 111-118
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • 日本語教師発話の分析-中級レベル授業と初級レベル授業の比較-
    (日本語教育学会春季大会(一橋大学) 2020)
  • 簡易型日本語会話能力テストの開発-日本語会話能力テスト(ACTFL-OPI)との比較-
    (日本語教育学会秋季大会(島根くにびきメッセ) 2019)
  • 日本語学習者が接する授業内インプットと教室外インプットの比較
    (留学生教育学会年次大会(赤門会日本語学校) 2019)
  • 動画視聴による漢字学習-結果確認の有無が与える影響-
    (留学生教育学会年次大会(赤門会日本語学校) 2019)
  • 外国人を対象としたやさしい日本語版目撃者遂行型調査の開発-対象者の日本語の能力別検討-
    (法と心理学会 第19回大会(関西国際大学) 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2011 - 2013 南山大学 言語科学専攻
  • 1997 - 2001 奈良大学 史学科
経歴 (2件):
  • 2016/04 - 現在 徳山大学 経済学部 准教授
  • 2013/09 - 2016/03 徳山大学 経済学部 特任講師
委員歴 (2件):
  • 2016/06 - 現在 日本語プロフィシエンシー研究学会 ジャーナル編集委員
  • 2015/06 - 2016/06 日本語プロフィシエンシー研究会 ジャーナル編集委員
所属学会 (4件):
留学生教育学会 ,  日本語プロフィシェンシー研究学会 ,  日本語教育学会 ,  日本語プロフィシェンシー研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る