研究者
J-GLOBAL ID:202001017125999421   更新日: 2021年10月24日

小久保 年章

コクボ トシアキ | Kokubo Toshiaki
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2021 微生物学的統御の違いにおける腸内細菌叢と大腸がんの関連性の解明
  • 2016 - 2021 多元的in situ解析技術によるウラン晩発影響の小児期特性の解明
  • 2014 - 2017 CFB門未分類肺炎菌の滑走運動と上皮細胞付着機構に関する研究
  • 2011 - 2012 寄生性細菌の上皮細胞付着機構に関する研究
論文 (26件):
  • Mayumi Nishimura, Kazuhiro Daino, Maki Fukuda, Ikuya Tanaka, Hitomi Moriyama, Kaye Showler, Yukiko Nishimura, Masaru Takabatake, Toshiaki Kokubo, Atsuko Ishikawa, et al. Development of mammary cancer in γ-irradiated F1 hybrids of susceptible Sprague-Dawley and resistant Copenhagen rats, with copy-number losses that pinpoint potential tumor suppressors. PloS one. 2021. 16. 8. e0255968
  • Tatsuya Inoue, Toshiaki Kokubo, Kazuhiro Daino, Hiromi Yanagihara, Fumiko Watanabe, Chizuru Tsuruoka, Yoshiko Amasaki, Takamitsu Morioka, Shino Homma-Takeda, Toshiyuki Kobayashi, et al. Interstitial chromosomal deletion of the tuberous sclerosis complex 2 locus is a signature for radiation-associated renal tumors in Eker rats. Cancer science. 2020. 111. 3. 840-848
  • Ryutaro Aizawa, Megumi Ibayashi, Takayuki Tatsumi, Atsushi Yamamoto, Toshiaki Kokubo, Naoyuki Miyasaka, Ken Sato, Shuntaro Ikeda, Naojiro Minami, Satoshi Tsukamoto. Synthesis and maintenance of lipid droplets are essential for mouse preimplantation embryonic development. Development (Cambridge, England). 2019. 146. 22
  • Shino Homma-Takeda, Chiya Numako, Keisuke Kitahara, Takanori Yoshida, Masakazu Oikawa, Yasuko Terada, Toshiaki Kokubo, Yoshiya Shimada. Phosphorus Localization and Its Involvement in the Formation of Concentrated Uranium in the Renal Proximal Tubules of Rats Exposed to Uranyl Acetate. International journal of molecular sciences. 2019. 20. 19
  • Tatsuhiko Imaoka, Mayumi Nishimura, Kazuhiro Daino, Ayaka Hosoki, Masaru Takabatake, Yukiko Nishimura, Toshiaki Kokubo, Takamitsu Morioka, Kazutaka Doi, Yoshiya Shimada, et al. Prominent Dose-Rate Effect and Its Age Dependence of Rat Mammary Carcinogenesis Induced by Continuous Gamma-Ray Exposure. Radiation research. 2019. 191. 3. 245-254
もっと見る
MISC (86件):
  • 小久保 年章, 石田 有香, 相澤 竜太郎, 森岡 孝満, 柿沼 志津子. Minマウスを用いた腸内細菌叢と大腸がんの関連性に関する検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 513-513
  • 泉 龍太郎, 芝 大, 鈴木 智子, 柚木 梢, 加藤 充康, 白川 正輝, 上垣内 茂樹, 小久保 年章, 小川 志保. 国際宇宙ステーションにおける動物実験とその枠組み. 宇宙航空環境医学. 2018. 55. 1-4. 19-19
  • 武田 志乃, 吉田 峻規, 上原 章寛, 沼子 千弥, 佐藤 修彰, 関澤 央輝, 新田 清文, 小久保 年章, 石原 弘. ウラン投与ラット腎臓におけるウラン化学形変化. 日本放射線影響学会大会講演要旨集. 2018. 61回. 89-89
  • 武田 志乃, 吉田 峻規, 沼子 千弥, 上原 章寛, 佐藤 修彰, 寺田 靖子, 小久保 年章, 石原 弘. 幼若ラット腎臓におけるウラン動態と化学形解析. The Journal of Toxicological Sciences. 2018. 43. Suppl. S194-S194
  • 島田 義也, 西村 まゆみ, 鶴岡 千鶴, 尚 奕, 甘崎 佳子, 小久保 年章, 石田 有香, 飯塚 大輔, 臺野 和広, 山田 裕, et al. 放射線発がんの分子生物学 放射線発がんの被ばく時年齢依存性. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [2AS01-2]
もっと見る
書籍 (1件):
  • 放医研で繁殖しているSPFマウス系統の解剖学的特性
    放射線医学総合研究所 2008 ISBN:9784938987473
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る