研究者
J-GLOBAL ID:202001017252801770   更新日: 2022年06月20日

張 倩倩

チョウ セイセイ | ZHANG Qianqian
所属機関・部署:
職名: 博士課程
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (5件): サンスクリット ,  歴史言語学 ,  インド・アーリア語 ,  文法変化 ,  統語論
論文 (3件):
  • 張 倩倩. ヴェーダから紀元前後のサンスクリットにおけるbrū「言う」の格支配の通時的変化. 印度学仏教学研究. 2020. 第六十九巻. 第一号. 472-476
  • 張 倩倩. サンスクリット語における非従属節化. 東京大学言語学論集. 2020. 42. 373-382
  • 大山 祐亮, 張 倩倩. 『仏所行讃』におけるサンスクリット語与格の翻訳方式. 東京大学言語学論集. 2018. 40. e43-e60
講演・口頭発表等 (6件):
  • 体言化理論によるサンスクリット語関係節の再分類および体言化辞 yad の 通時的変化
    (日本言語学会 2022)
  • サンスクリットにおける受取手のとる格の選択基準-受益性と有生性に関する非対称性から
    (日本言語学会 2021)
  • The Choice Between Correlative and Non-correlative Relative Clauses in Sanskrit
    (The Linguistic Society of Japan 2020)
  • ヴェーダから紀元前後のサンスクリットにおけるbrū「言う」の格支配の通時的変化
    (日本印度学仏教学会第71回学術大会 2020)
  • The Grammatical Change of 'yad' and 'atha' in Sanskrit
    (The 1st Hiroshima Sanskrit Meeting 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士(文学)
経歴 (1件):
  • 2021/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会特別研究員 DC2
所属学会 (3件):
International Association of Sanskrit Studies ,  日本印度学仏教学会 ,  日本言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る