研究者
J-GLOBAL ID:202001017383731441   更新日: 2021年09月06日

相馬 純

ソウマ ジュン | Souma Jun
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/junsouma/top
研究分野 (2件): 多様性生物学、分類学 ,  昆虫科学
研究キーワード (5件): オオホシカメムシ科 ,  グンバイムシ科 ,  陸生カメムシ ,  昆虫学 ,  分類学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 グンバイムシの多様化と分布形成に地理的隔離・寄主転換・植物の多様化が与えた影響
論文 (25件):
  • 佐々木 大介, 相馬 純, 松本 嘉幸. シャクナゲフクレアブラムシ(新称)の日本における新産地. 昆蟲(ニューシリーズ). 2021. 24. 2. 29-33
  • Jun Souma, Shûhei Yamamoto, Yui Takahashi. A new species of the fossil lace bug genus Burmacader (Hemiptera: Heteroptera: Tingidae) from mid-Cretaceous Kachin amber of northern Myanmar, with implications of male genital structures. Cretaceous Research. 2021. 126. 104911
  • Jun Souma. First record of the lace bug genus Eritingis (Drake and Ruhoff) (Hemiptera: Heteroptera: Tingidae) from Japan and Thailand. Biodiversity Data Journal. 2021. 9. e63188
  • Jun Souma, Shûhei Yamamoto, Yui Takahashi. Discovery of the Smallest Lace Bug from Mid-Cretaceous of Northern Myanmar Supports the Hypothesis of a Miniaturization Phenomenon of Insects in Kachin Amber (Hemiptera: Heteroptera: Tingidae). Taxonomy. 2021. 1. 2. 60-68
  • Jun Souma, Tadashi Ishikawa. A taxonomic review of the genus Physopelta (Hemiptera: Heteroptera: Largidae) from Japan, Korea, and Taiwan, with a new record of Ph. parviceps from China. Zootaxa. 2021. 4951. 3. 461-491
もっと見る
MISC (3件):
  • 相馬 純. <解説>型破りの野外調査:日本産グンバイムシ科の多様性解明に向けて. 寄せ蛾記. 2021. 180. 1-10
  • 相馬 純. Stephanitis (Stephanitis) rhaphiolepidisの渡嘉敷島からの初記録. Pulex. 2020. 99. 817
  • 相馬 純. Idiocysta takaraiの与那国島からの初記録. Pulex. 2020. 99. 817
講演・口頭発表等 (9件):
  • 日本産ヒゲナガグンバイ属(カメムシ目:グンバイムシ科)の分類学的研究
    (日本昆虫学会第81回大会 2021)
  • 標本の集まらない分類群を記載する-日本産グンバイムシ科を例として-
    (日本半翅類学会小集会 2021)
  • 日本とタイから新たに発見されたEritingis属のグンバイムシ
    (第二回オンライン基礎昆虫学会議 2021)
  • 日本産ツツジグンバイ属(カメムシ目グンバイムシ科)のミトコンドリアCOI遺伝子の解析
    (2020年度 九州・沖縄昆虫研究会大会 2020)
  • 日本産ツツジグンバイ属(カメムシ目グンバイムシ科)の分類学的研究:シャリンバイに寄生する正体不明種
    (オンライン基礎昆虫学会議 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2020 - 現在 九州大学
  • 2018 - 2020 東京農業大学
  • 2014 - 2018 東京農業大学 農学科
学位 (2件):
  • 学士(農学) (東京農業大学)
  • 修士(農学) (東京農業大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員DC1
  • 2020/04 - 現在 九州大学 昆虫学教室 学生(博士課程)
  • 2018/04 - 2020/03 東京農業大学 昆虫学研究室 学生(修士課程)
  • 2016/04 - 2018/03 東京農業大学 昆虫学研究室 学生(学部)
委員歴 (2件):
  • 2020/12 - 2021/02 第二回オンライン基礎昆虫学会議運営委員会 メール管理委員
  • 2020/06 - 2020/08 オンライン基礎昆虫学会議運営委員会 メール管理委員
所属学会 (4件):
神奈川昆虫談話会 ,  日本昆虫学会 ,  日本半翅類学会 ,  農林害虫防除研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る