研究者
J-GLOBAL ID:202001017942424392   更新日: 2021年10月26日

片岡 瑛子

Kataoka Yoko
研究分野 (1件): 呼吸器外科学
研究キーワード (4件): 肺がん ,  CD271 ,  Galectin-3 ,  がん間質線維芽細胞
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2020 低酸素環境における肺がん浸潤のメカニズムの解明
  • 2016 - 2019 がん間質での免疫応答に着目した非小細胞肺がんに対する新規がん免疫治療の開発
  • 2016 - 2018 肺がん細胞とがん間質線維芽細胞の相互作用におけるGalectin-3の機能解析
論文 (21件):
  • Koji Teramoto, Tomoyuki Igarashi, Yoko Kataoka, Mitsuaki Ishida, Jun Hanaoka, Hidetoshi Sumimoto, Yataro Daigo. Biphasic prognostic significance of PD-L1 expression status in patients with early- and locally advanced-stage non-small cell lung cancer. Cancer immunology, immunotherapy : CII. 2020
  • 藤田 琢也, 片岡 瑛子, 花岡 淳, 井上 修平, 尾崎 良智, 大内 政嗣. 肋間開胸術後に発症した肋骨骨髄炎・肋軟骨炎. 胸部外科. 2020. 73. 2. 117-119
  • Takuya Fujita, Yoko Kataoka, Jun Hanaoka, Shuhei Inoue, Yoshitomo Ozaki, Masatsugu Ohuchi. [Costochondritis and Osteomyelitis of the Ribs after Intercostal Thoracotomy]. Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery. 2020. 73. 2. 117-119
  • Koji Teramoto, Tomoyuki Igarashi, Yoko Kataoka, Mitsuaki Ishida, Jun Hanaoka, Hidetoshi Sumimoto, Yataro Daigo. Clinical significance of PD-L1-positive cancer-associated fibroblasts in pN0M0 non-small cell lung cancer. Lung cancer (Amsterdam, Netherlands). 2019. 137. 56-63
  • Yoko Kataoka, Tomoyuki Igarashi, Yasuhiko Ohshio, Takuya Fujita, Jun Hanaoka. Predictive importance of galectin-3 for recurrence of non-small cell lung cancer. General thoracic and cardiovascular surgery. 2019. 67. 8. 704-711
もっと見る
MISC (135件):
  • 片岡 瑛子, 入山 朋子, 村山 恒峻, 福永 健太郎, 藤田 琢也. 肺切除後術側に発症した急性好酸球性肺炎の1例. 気管支学. 2020. 42. Suppl. S389-S389
  • 藤田 琢也, 片岡 瑛子. Pembrolizumab治療後のBevacitumab併用化学療法中に、急性腹症を発症した一例. 肺癌. 2019. 59. 6. 820-820
  • 片岡 瑛子, 藤田 琢也, 花岡 淳. pN2非小細胞肺がんにおける予後予測因子としてのCD271発現の意義(CD271 expression in metastatic mediastinal lymph nodes serves as a prognostic marker in pN2 non-small cell lung cancer). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. P-1336
  • 村田 幸一郎, 楠井 進之介, 林 葵, 大井 二郎, 端 真季子, 山下 智弘, 片岡 瑛子, 藤田 琢也, 小河 秀郎, 大村 寧. バセドウ病眼症による複視と考えられた眼筋型重症筋無力症の一例. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. Suppl.Update. 38-40
  • 片岡 瑛子, 藤田 琢也, 入山 朋子, 村山 恒竣, 樋上 雄一. 気管支鏡検査後に肺化膿症を併発した肺癌の1切除例. 気管支学. 2019. 41. Suppl. S333-S333
もっと見る
講演・口頭発表等 (134件):
  • Pembrolizumab治療後のBevacitumab併用化学療法中に、急性腹症を発症した一例
    (肺癌 2019)
  • pN2非小細胞肺がんにおける予後予測因子としてのCD271発現の意義(CD271 expression in metastatic mediastinal lymph nodes serves as a prognostic marker in pN2 non-small cell lung cancer)
    (日本癌学会総会記事 2019)
  • 気管支鏡検査後に肺化膿症を併発した肺癌の1切除例
    (気管支学 2019)
  • バセドウ病眼症による複視と考えられた眼筋型重症筋無力症の一例
    (日本内分泌学会雑誌 2019)
  • 術前に診断した部分肺静脈還流異常合併肺癌の一切除例
    (日本呼吸器外科学会雑誌 2019)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 公立甲賀病院 呼吸器外科
  • 2018/04 - 現在 滋賀医科大学 外科学講座
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る