研究者
J-GLOBAL ID:202001018018824755   更新日: 2021年10月08日

常木 佳奈

ツネキ カナ | Tsuneki Kana
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 文学一般
研究キーワード (3件): 出版文化 ,  木版多色摺口絵 ,  デジタルアーカイブ
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2022 口絵デジタルアーカイブ拡充と明治期出版文化研究への活用
  • 2018 - 2020 明治期文芸書の〈装い〉に関する研究--木版口絵を中心に--
論文 (3件):
  • Tsuneki Kana. Japanese Literature and Art: Building the Digital Archive of Woodblock Kuchi-e Prints and Its Impact. Art Research Special Issue. 2020. 01. 123-127
  • 常木佳奈. 近代木版口絵の制作過程とその体制:朝日コレクションのデジタル化プロジェクトを通して. アート・リサーチ. 2019. 19. 3-14
  • 常木佳奈. 一九六一年頃の〈京都〉における人びとの心情:川端康成『古都』の再検討. 京都民俗. 2016. 34. 45-56
MISC (5件):
  • 常木佳奈. 近代木版口絵と春陽堂:第5回近代木版口絵の制作(2). 春陽堂書店メディアサイト. 2019
  • 常木佳奈. 近代木版口絵と春陽堂:第4回近代木版口絵の制作(1). 春陽堂書店メディアサイト. 2019
  • 常木佳奈. 春陽堂と近代木版口絵:第3回近代木版口絵の盛衰(2). 春陽堂書店メディアサイト. 2019
  • 常木佳奈. 春陽堂と近代木版口絵:第2回近代木版口絵の盛衰(1). 春陽堂書店メディアサイト. 2019
  • 常木佳奈. 春陽堂と近代木版口絵:第1回春陽堂の明治期木版出版物. 春陽堂書店メディアサイト. 2019
書籍 (2件):
  • 文化情報学事典
    勉誠出版 2019 ISBN:9784585200710
  • 船鉾 財団法人設立五十周年記念誌
    公益社団法人船鉾保存会 2018
講演・口頭発表等 (17件):
  • 口絵デジタルアーカイブ構築によってみえてきた課題
    (第72回 国際ARCセミナー 2020)
  • 小説を離れた口絵:春陽堂『江戸錦』を事例に
    (2019 東アジア次世代フォーラム 2020)
  • 書物の〈装い〉:江戸から現代までの文学関連書を事例に
    (New Frontiers in Japanese Digital Humanities: A Collaborative Workshop, "Transcribing Japanese Cursive Texts from the Edo Period“ 2019)
  • 文学作品と絵画:近代木版口絵の制作に携わった人びととその関係
    (2019年度第2回(通算第107回)日本出版学会関西部会 2019)
  • 近代木版口絵の資料
    (第61回ARCセミナー 2019)
もっと見る
Works (2件):
  • ちょっとマニアな版画展
    赤間亮, 金子貴昭, 常木佳奈 2019 - 2019
  • 口絵ポータルデータベース
学歴 (3件):
  • 2016 - 現在 立命館大学大学院 文化情報学専修 博士課程後期課程
  • 2014 - 2016 立命館大学大学院 文化情報学専修 博士課程前期課程
  • 2010 - 2014 立命館大学 人文学科 京都学プログラム
学位 (1件):
  • 修士(文学) (立命館大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 久留米工業高等専門学校 一般科目(文科系) 助教
  • 2018/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2016/06 - 2020/03 立命館大学衣笠総合研究機構 立命館大学アート・リサーチセンター リサーチアシスタント
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 2020/03 日本出版学会 理事
所属学会 (2件):
日本近代文学会 ,  日本出版学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る