研究者
J-GLOBAL ID:202001018131142423   更新日: 2021年07月26日

大倉 翔太

オオクラ ショウタ | Okura Shota
所属機関・部署:
職名: 研究官
ホームページURL (2件): https://www.pari.go.jp/unit/kaikj/member/okura.htmlhttps://www.pari.go.jp/unit/kaikj/en/member/okura.html
研究分野 (1件): 水工学
研究キーワード (2件): 衛星画像 ,  流動・水質モニタリング
論文 (2件):
  • Shota Okura, Tetsuya Hiraishi. Experimental Study on Scouring of Land behind Seawall due to Overflowing Tsunami. Journal of Coastal Research. 2018. 85. 821-825
  • Tetsuya Hiraishi, Shota Okura. Experimental study on effect of wave set-up in storm surge. Procedia IUTAM. 2017. 25. 52-59
MISC (5件):
  • 細川真也, 大倉翔太. 舶用風向風速計の現地における精度検証とキャリブレーション-東京湾口定期航路フェリーによる検討-. 港湾空港技術研究所資料(CD-ROM). 2021. 1382
  • 百田恭輔, 細川真也, 小室隆, 大倉翔太, 井上徹教, 椎葉直子. アマモ場の小型無脊椎動物に対する捕食圧. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2020. 67th
  • 細川真也, 百田恭輔, 百田恭輔, 大倉翔太, 小室隆. 環境DNAによる沿岸域魚類の網羅的な推定と多様性評価. 港湾空港技術研究所資料(CD-ROM). 2020. 1373
  • 百田恭輔, 細川真也, 大倉翔太, 井上徹教. 異なる機能を持つアマモ葉上無脊椎動物に対する捕食圧の評価. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2019. 66th
  • 平石哲也, 森信人, 安田誠宏, 東良慶, 間瀬肇, PRASTEYO Adi, 大倉翔太. 複数の造波手法を有する津波再現装置で造波された津波の特性. 土木学会論文集 B2(海岸工学)(Web). 2015. 71. 2
学歴 (2件):
  • 2015 - 2017 京都大学 社会基盤工学専攻
  • 2011 - 2015 京都大学 地球工学科
経歴 (1件):
  • 2017/04 - 現在 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 海洋環境情報研究グループ 研究官
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る