研究者
J-GLOBAL ID:202001018918368852   更新日: 2024年04月08日

安田 浩之

ヤスダ ヒロユキ | Yasuda Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 薬系衛生、生物化学 ,  薬理学
研究キーワード (4件): エピジェネティクス ,  酸化ストレス ,  免疫 ,  炎症性腸疾患
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 細胞外トラップの消化管炎症における役割解明
  • 2018 - 2021 好中球細胞外トラップのDNAメチル化制御機構の解明
  • 2020 - 好中球およびマクロファージ細胞外トラップの炎症性腸疾患の病態における役割解明
論文 (16件):
  • Tomohiro Nakamoto, Kenjiro Matsumoto, Hiroyuki Yasuda, Yasuo Mori, Shinichi Kato. Transient receptor potential melastatin 2 is involved in trinitrobenzene sulfonic acid-induced acute and chronic colitis-associated fibrosis progression in mice. Journal of pharmacological sciences. 2024. 154. 1. 18-29
  • Hiroyuki Yasuda, Ayaka Uno, Yoshiya Tanaka, Saya Koda, Michiko Saito, Eisuke F Sato, Kenjiro Matsumoto, Shinichi Kato. Neutrophil extracellular trap induction through peptidylarginine deiminase 4 activity is involved in 2,4,6-trinitrobenzenesulfonic acid-induced colitis. Naunyn-Schmiedeberg's archives of pharmacology. 2023
  • Shinichi Kato, Suzuka Onishi, Misaki Sasai, Hiroyuki Yasuda, Kazuko Saeki, Kenjiro Matsumoto, Takehiko Yokomizo. Deficiency of leukotriene B4 receptor type 1 ameliorates ovalbumin-induced allergic enteritis in mice. Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology. 2023. 50. 9. 766-775
  • Kenjiro Matsumoto, Fumika Sugimoto, Toshiki Mizuno, Taisei Hayashi, Ririka Okamura, Takuya Nishioka, Hiroyuki Yasuda, Syunji Horie, Mizuho A Kido, Shinichi Kato. Immunohistochemical characterization of transient receptor potential vanilloid types 2 and 1 in a trinitrobenzene sulfonic acid-induced rat colitis model with visceral hypersensitivity. Cell and tissue research. 2023. 391. 2. 287-303
  • Aliaa Fouad, Kenjiro Matsumoto, Kikuko Amagase, Hiroyuki Yasuda, Makoto Tominaga, Shinichi Kato. Protective Effect of TRPM8 against Indomethacin-Induced Small Intestinal Injury via the Release of Calcitonin Gene-Related Peptide in Mice. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2021. 44. 7. 947-957
もっと見る
MISC (6件):
  • 中本 智大, 松本 健次郎, 安田 浩之, 森 泰生, 加藤 伸一. Transient receptor potential melastain 2(TRPM2)のマウス大腸炎および線維化の病態制御における異なった役割. 日本薬学会年会要旨集. 2022. 142年会. 28S-am06S
  • 水野 俊輝, 安田 浩之, 松本 健次郎, 加藤 伸一. TNBS誘起内臓痛覚過敏ラットの腸管神経系におけるTRPV1およびTRPV2発現解析. 日本薬学会年会要旨集. 2022. 142年会. 26PO4-05S
  • 横山 未佳, 西澤 美帆子, 山岡 みずき, 斉藤 美知子, 安田 浩之, 松本 健次郎, 加藤 伸一. Transient receptor potential vanilloid 6(TRPV6)の大腸炎の病態との関連. 日本薬学会年会要旨集. 2022. 142年会. 26PO4-06S
  • 杤岡 実思, 元川 典子, 杉本 彩貴, 徳山 こう雅, 榎原 梨華, 斉藤 美知子, 安田 浩之, 松本 健次郎, 加藤 伸一. オーファンGタンパク質共役型受容体GPR35の腸炎に対する保護的役割. 日本薬学会年会要旨集. 2022. 142年会. 26PO4-07S
  • 下村 茉里乃, 安田 浩之, 宇野 綾花, 甲田 紗弥, 田中 義也, 斉藤 美知子, 松本 健次郎, 加藤 伸一. TNBS誘起大腸炎の病態におけるpeptidylarginine deiminase 2を介した細胞外トラップの関与. 日本薬学会年会要旨集. 2022. 142年会. 26PO4-08S
もっと見る
書籍 (2件):
  • インクレチンのDNA脱メチル化機能によるEC-SOD発現調節
    東京医学社 2018
  • EC-SOD
    東京医学社 2016
学歴 (2件):
  • 2012 - 2016 岐阜薬科大学大学院 薬学専攻博士課程
  • 2006 - 2012 岐阜薬科大学 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (岐阜薬科大学)
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 京都薬科大学 薬物治療学分野 助教
  • 2016/04 - 2020/03 鈴鹿医療科学大学 薬学科 生物系薬学 助手
受賞 (3件):
  • 2019/04 - SFRR ASIA POSTER AWARD
  • 2018/06 - SFRR ASIA TRAVEL AWARD Supported by Taylor & Francis
  • 2017/03 - 第35回Cytoprotection研究会奨励賞
所属学会 (4件):
日本薬理学会 ,  日本酸化ストレス学会 ,  日本生化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る