研究者
J-GLOBAL ID:202001019341673550   更新日: 2020年08月30日

福田 光宏

Fukuda Mitsuhiro | Fukuda Mitsuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
論文 (74件):
  • Yasuyuki Morita, Mitsuhiro Fukuda, Tetsuhiko Yorita, Hiroki Kanda, Kichiji Hatanaka, Yuusuke Yasuda, Masao Nakao, Keita Kamakura, Shuhei Hara, Hui Wen Koay, et al. Developments of real-time emittance monitors. Review of Scientific Instruments. 2020. 91. 4. 043303-043303
  • Tetsuhiko Yorita, Keiji Takahisa, Tatsushi Shima, Mitsuhiro Fukuda, Hiroki Kanda. Development of an MeV proton generator using a 3He ion source at the Research Center for Nuclear Physics. Review of Scientific Instruments. 2020. 91. 3. 033307-033307
  • M. Nakao, M. Fukuda, S. Hara, T. Hara, K. Hatanaka, K. Kamakura, H. Kanda, H. W. Koay, S. Morinobu, Y. Morita, et al. Extraction System of Upgraded AVF Cyclotron of RCNP. Journal of Physics: Conference Series. 2019. 1350. 1
  • Yosuke Yuri, Mitsuhiro Fukuda, Takahiro Yuyama. Transverse profile shaping of a charged-particle beam using multipole magnets - Formation of hollow beams - Formation o. Journal of Physics: Conference Series. 2019. 1350. 1
  • Takeshi Nakano, Mitsuhiro Fukuda, Hiroki Kanda, Nori Aoi, Akira Sato, Masaru Yosoi, Saori Umehara, Hiroyuki Noumi, Atsushi Hosaka. The Research Center for Nuclear Physics at Osaka University. Nuclear Physics News. 2019. 29. 4. 4-9
もっと見る
MISC (63件):
  • 渡部 直史, 兼田 加珠子, 劉 雨薇, 白神 宣史, 大江 一弘, 豊嶋 厚史, 下瀬川 恵久, 福田 光宏, 篠原 厚, 畑澤 順. 甲状腺癌に対する標的アルファ線治療 担癌モデルにおけるアスタチン化ナトリウムの治療効果の検討. 核医学. 2019. 56. Suppl. S146-S146
  • 兼田 加珠子, 福田 光宏, 金井 好克, 畑澤 順, 中野 貴志, 深瀬 浩一, 篠原 厚, 張 子見, 白神 宜史, 渡部 直史, et al. アルファ線放出核種を用いた新規がん核医学治療薬の創製. 日本薬理学会年会要旨集. 2019. 92. 0. 3-P-109
  • Liu Yuwei, 渡部 直史, 兼田 加珠子[中島], 白神 宜史, 豊嶋 厚史, 巽 光朗, 下瀬川 恵久, 福田 光宏, 篠原 厚, 畑澤 順. 甲状腺へのAt-211取り込みの亢進 ラットにおけるSPECT研究(Enhancement of At-211 uptake in the thyroid gland: SPECT study in rats). 核医学. 2018. 55. Suppl. S173-S173
  • 鈴木 智和, 渡部 浩司, 菊永 英寿, 羽場 宏光, 福田 光宏. 短寿命RI供給プラットフォーム実現のための放射線障害防止法上の手続きについて. 日本放射線安全管理学会誌. 2018. 17. 2. 121-124
  • 福田 光宏. 進行がん治療を可能にする短寿命RIの大量製造を目指して : 次世代型高強度コンパクト・サイクロトロンの開発 (特集 加速器小型化の最前線 : 量子ビームを身近な存在に). 放射線と産業. 2018. 144. 11-15
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (大阪大学大学院)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る