研究者
J-GLOBAL ID:202001019376226254   更新日: 2021年05月12日

表原 拓也

オモテハラ タクヤ | Omotehara Takuya
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (5件): 解剖学 ,  形態、構造 ,  形態、構造 ,  発生生物学 ,  動物生命科学
研究キーワード (9件): 精巣輸出管 ,  精巣網 ,  精路 ,  進化 ,  発生 ,  比較形態学 ,  男性生殖器系 ,  精巣 ,  泌尿生殖器系
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 精巣と精巣上体間の接続に関わる因子の探索-脊椎動物における精路形成戦略とは
  • 2015 - 2017 鳥類の性腺形態形成における新たな分化誘導シグナル分子と雌化誘導遺伝子の探索
論文 (40件):
  • Mierxiati Saimi, Shota Moriya, Zhong-Lian Li, Hidenobu Miyaso, Kenta Nagahori, Shinichi Kawata, Takuya Omotehara, Yuki Ogawa, Hirotsugu Hino, Keisuke Miyazawa, et al. Cytonuclear Estrogen Receptor Alpha Regulates Proliferation and Migration of Endometrial Carcinoma Cells. The Tokai journal of experimental and clinical medicine. 2021. 46. 1. 7-16
  • Kenta Nagahori, Shuichi Hirai, Naoyuki Hatayama, Miyuki Kuramasu, Takuya Omotehara, Shinichi Kawata, Zhonglian Li, Hidenobu Miyaso, Yuki Ogawa, Ning Qu, et al. Heat shock protein A4L is a potent autoantigen for testicular autoimmunity in mice. Journal of reproductive immunology. 2021. 145. 103318-103318
  • Hiroyuki Matsuda, Iwao Sato, Rieko Asaumi, Takuya Omotehara, Shinichi Kawata, Kenta Nagahori, Zhong-Lian Li, Masahiro Itoh. Comparison of CGRP distributions in the maxillary sinus and trigeminal ganglion between elderly dentulous and edentulous humans. European journal of histochemistry : EJH. 2021. 65. 2
  • Rieko Asaumi, Taisuke Kawai, Shinichi Kawata, Takuya Omotehara, Shintaro Kondo, Masahiro Itoh. Morphological Observations of the Bony Canal Structure of the Eustachian Tube in Elderly Human Cadavers With Cone-Beam Computed Tomography and Principal Component Analysis. The journal of international advanced otology. 2021. 17. 2. 134-144
  • Hidenobu Miyaso, Kenta Nagahori, Kaiya Takano, Takuya Omotehara, Shinichi Kawata, Zhong-Lian Li, Miyuki Kuramasu, Xi Wu, Yuki Ogawa, Masahiro Itoh. Neonatal maternal separation causes decreased numbers of sertoli cell, spermatogenic cells, and sperm in mice. Toxicology mechanisms and methods. 2021. 31. 2. 116-125
もっと見る
MISC (46件):
  • 表原 拓也, 倉升 三幸, 呉 曦, 永堀 健太, 小川 夕輝, 河田 晋一, 李 忠連, 宮宗 秀伸, 伊藤 正裕. Sequential immunohistochemistry法による精細管と精巣上体管の接続過程の検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 342-342
  • 宮宗秀伸, 永堀健太, 表原拓也, 河田晋一, 李忠連, 高野海哉, 倉升三幸, 小川夕輝, 伊藤正裕. 幼少期ストレスが引き起こすマウス雄性生殖器系への影響. 日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集. 2019. 124th. 170
  • 永堀健太, 表原拓也, 宮宗秀伸, 河田晋一, 李忠連, 倉升三幸, 小川夕輝, 伊藤正裕. 精巣の自己抗原性と免疫学的組織環境. 日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集. 2019. 124th. 109
  • 永堀 健太, 平井 宗一, 倉升 三幸, 表原 拓也, 宮宗 秀伸, 李 忠連, 小川 夕輝, 伊藤 正裕. 免疫寛容を受けていない精巣抗原遺伝子の同定. Reproductive Immunology and Biology. 2018. 33. 1-2. 88-88
  • 林 省吾, 山村 聡, 李 忠連, 河田 晋一, 永堀 健太, 表原 拓也, 宮宗 秀伸, 伊藤 正裕. Investigations of cortical and cancellous clavicle bone patterns associated with lateral clavicle fractures in the elderly:a CT-based cadaveric study 平成29年度学内研究「関節脱臼触診モデル開発のための3次元画像シミュレーションモデル」報告に代えて. 国際医療福祉大学学会誌. 2018. 23. 抄録号. 158-158
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2012 - 2017 神戸大学 資源生命科学専攻 応用動物学講座
  • 2008 - 2012 神戸大学 資源生命科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (神戸大学)
経歴 (3件):
  • 2020/06 - 現在 東京医科大学 人体構造学分野 講師
  • 2017/04 - 2020/05 東京医科大学 人体構造学分野 助教
  • 2015/04 - 2017/03 日本学術振興会特別研究員(DC2)
委員歴 (1件):
  • 2019 - 現在 人類形態科学研究会 選挙管理委員
受賞 (2件):
  • 2018/09 - 獣医解剖分科会 学術奨励賞 精細管と精巣上体管の接続に関する予備的検討
  • 2014/09 - 日本家禽学会 2014年度秋季大会日本家禽学会優秀発表賞 ニワトリ胚における性腺の形成機構とその左右差
所属学会 (8件):
日本先天異常学会 ,  人類形態科学研究会 ,  美術解剖学会 ,  日本アンドロロジー学会 ,  日本家禽学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本解剖学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る