研究者
J-GLOBAL ID:202001019871581206   更新日: 2024年07月09日

笹原 彰

ササハラ アキラ | Akira Sasahara
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/akirasasahara/home
研究分野 (1件): 経済政策
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2024 - 2027 グローバル化、気候変動と地域経済:ショックの相互作用と伝播経路の解明
  • 2022 - 2026 ポストコロナの日本・東アジア国際分業をめぐる理論的・実証的研究
  • 2021 - 2025 労働市場への国際ショックの影響:国際経済のマクロ視点と個票データのミクロ視点から
  • 2021 - 2024 グローバル化、所得、生産分業に関する研究
論文 (6件):
  • Rodrigo Garcia-Verdu, Alexis Meyer-Cirkel, Akira Sasahara, Hans Weisfeld. Importing Inputs for Climate Change Mitigation: The Case of Agricultural Productivity. Review of International Economics. 2022. 30. 1. 34-56
  • Ayumu Ken Kikkawa, Akira Sasahara. Gains from Trade and the Sovereign Bond Market. European Economic Review. 2020. 124
  • Akira Sasahara. Explaining the Employment Effect of Exports: Value-Added Content Matters. Journal of the Japanese and International Economies. 2019. 52. 1-12
  • Robert C. Feenstra, Akira Sasahara. The China Shock in Trade: Consequences for ASEAN and East Asia. World Trade Evolution: Growth, Productivity and Employment. 2019
  • Robert C. Feenstra, Akira Sasahara. The ‘China Shock’, Exports and U.S. Employment: A Global Input-Output Analysis. Review of International Economics. 2018. 26. 5. 1053-1083
もっと見る
MISC (12件):
  • 伊藤恵子, 遠藤正寛, 神事直人, 松浦寿幸, 大久保敏弘, 笹原彰. Margins, Concentration, and the Performance of Firms in International Trade: Evidence from Japanese Customs Data. Keio-IES Discussion Paper Series DP2024-017. 2024
  • Jaerim Choi, Masahiro Endoh, Akira Sasahara. A Tale of Two Countries: Global Value Chains, the China Trade Shock, and Labor Markets. Keio-IES Discussion Paper Series DP2024-012. 2024
  • 伊藤恵子, 遠藤正寛, 大久保敏弘, 笹原彰, 神事直人, 松浦寿幸. 輸出入申告データを利用した日本の国際貿易の実態の検証. 財務省財務総合政策研究所ディスカッション・ペーパー No.23A-02. 2023
  • Akira Sasahara, Yumin Sui, Emily Taguchi. Immigration, Imports, and (Im)mutable Japanese Labor Markets. Keio-IES Discussion Paper Series DP2023-002. 2023
  • Toshihiro Okubo, Akira Sasahara. A Long-run Transition of Japan's Inter-regional Value Chains. RIETI Discussion Paper Series 22-E-067. 2022
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • Global Value Chains, Domestic Value Chains, and Comparative Advantage
    (SIPEC IE SEMINAR 2024)
  • The China Shock and Supply Chains: When Rising Imports Raise Exports
    (第37回 応用地域学会 研究発表大会 2023)
  • The China Shock and Supply Chains: When Rising Imports Raise Exports
    (延世大学校 経済研究所セミナー 2023)
  • The China Shock and Supply Chains: When Rising Imports Raise Exports
    (Midwest International Trade and Theory Conference 2023)
  • The China Shock and Supply Chains: When Rising Imports Raise Exports
    (日本国際経済学会 第82回全国大会 2023)
もっと見る
Works (1件):
  • 通信教育課程の論文指導のガイドライン(笹原が担当した学生に配布しているもの)
    笹原彰 2022 - 現在
学歴 (3件):
  • 2012 - 2017 カリフォルニア大学デービス校 経済学部
  • 2009 - 2011 一橋大学 経済学研究科
  • 2005 - 2009 慶應義塾大学 商学部
経歴 (2件):
  • 2020/06 - 現在 慶應義塾大学 経済学部 准教授
  • 2017/08 - 2020/05 アイダホ大学 商経学部 Assistant Professor of Economics
委員歴 (9件):
  • 2023/01 - 現在 日本経済学会 日本経済学会 託児サービス運営委員
  • 2023/10 - 2024/10 日本国際経済学会 日本国際経済学会 第83回全国大会 プログラム委員
  • 2022/11 - 2024/10 日本国際経済学会 関東支部 幹事
  • 2023/07 - 2024/01 日本国際経済学会 関東支部 日本国際経済学会 学生向けイベント準備委員
  • 2022/10 - 2022/10 日本経済学会 日本経済学会 2022年度秋季大会(慶應義塾大学)託児サービス委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2019/04 - アイダホ大学商経学部 Thornton Faculty Excellence Award
  • 2013 - 日本国際経済学会 小島清賞 優秀論文賞
所属学会 (8件):
International Economics and Finance Society (IEFS) Japan ,  TCERフェロー(公益財団法人 東京経済研究センター) ,  応用地域学会 ,  Urban Economics Association ,  Western Economic Association International ,  American Economic Association ,  日本経済学会 ,  日本国際経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る