研究者
J-GLOBAL ID:202001019887949262   更新日: 2021年10月21日

殷 晴

イン セイ | YIN Qing
所属機関・部署:
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (6件): 中国近代史 ,  政治文化 ,  清朝史 ,  新聞 ,  メディア史 ,  情報伝達
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2022 清末中国の情報伝達と政治構造
  • 2020 - 2021 清末中国におけるジャーナリズムの形成と発展
  • 2018 - 2020 清代後期中国における新聞発行の歴史的展開
  • 2015 - 2017 邸報と清代の情報伝達
論文 (4件):
  • 清末における「官報」の発行と政府による情報発信の変容. 『歴史学研究』. 2020. 996. 1-17
  • 清代における邸報の発行と流通 : 清朝中央情報の伝播の一側面. 『史学雑誌』. 2018. 127. 12. 1-38
  • 提塘からみた清朝中央と地方の情報伝達. 『東洋学報』. 2017. 99. 3. 269-298
  • “革命”如何動員:辛亥革命時期『民立報』的論政策略. 『北京大学新聞与伝播評論(第7輯)』北京大学出版社. 2012. 260-269
MISC (5件):
  • <書評> 太田出著『関羽と霊異伝説ーー清朝期のユーラシア世界と帝国版図』. 中国研究月報. 2020. 74. 9. 26-31
  • 青山治世著, 殷晴訳. <翻訳>日系在華中文報紙『順天時報』的論説撰稿人浅析. 肖紅松、唐仕春編『華北城郷与近代区域社会』中国社会科学院出版社. 2019
  • 青山治世著, 殷晴訳. <翻訳>本書解説. 青山治世・関智英編、村田雄二郎監修『『順天時報』社論・論説目録』公益財団法人東洋文庫. 2017
  • 羽田朝子著, 羽田朝子、殷晴訳. <翻訳>梅娘等『華文大阪毎日』同人們的「読書会」. 大久保明男等編『偽満洲国文学研究在日本』北方文芸出版社. 2017
  • 「天津飯」の由来. ぎんなん(東京大学大学院人文社会系研究科・文学部国際交流室日本語教室). 2015. 29. 103-106
書籍 (1件):
  • 『離散と回帰 「満洲国」の台湾人の記録』
    東方書店 2021
講演・口頭発表等 (7件):
  • 「清代的政治信息伝播」
    (復旦大学・新聞学院 2021)
  • 官报发行与清政府政务信息发布的变革
    (“改良與革命”--第九屆晚清史研究國際學術研討會 2021)
  • 日本における餃子の歴史
    (東大人文・若手フォーラムin 熊野 2020)
  • 「清末における「官報」の発行と政府による情報発信の変容」
    (中国社会文化学会 2019)
  • "The Birth of the Official Gazette in Late Qing China: The Transition of the Qing Government’s Promulgation System"
    (Asian Studies Conference Japan (ASCJ) 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2017 - 現在 東京大学 アジア文化研究専攻アジア史専門分野 博士課程
  • 2015 - 2017 東京大学 アジア文化研究専攻アジア史専門分野修士課程
  • 2014 - 2015 東京大学 アジア文化研究専攻アジア史専門分野 研究生
  • 2011 - 2013 北京大学
  • 2007 - 2011 北京大学 新聞学専攻
学位 (2件):
  • 修士(文学) (北京大学)
  • 修士(文学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2021/04 - 現在 立教大学 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 津田塾大学学芸学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2017/02 - 2018/03 公益財団法人東洋文庫図書部 臨時職員
委員歴 (1件):
  • 2020/06 - 現在 歴史学研究会 委員
受賞 (1件):
  • 2019/11 - 史学会 第6回史学会賞
所属学会 (3件):
歴史学研究会 ,  中国社会文化学会 ,  史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る