研究者
J-GLOBAL ID:202001019962388581   更新日: 2021年10月20日

綿貫 聡

ワタヌキ サトシ | Watanuki Satoshi
所属機関・部署:
職名: 医長
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 日本の一般診療における過剰診断の実態把握のための調査研究
論文 (18件):
  • Yasuhiro Kano, Satoshi Watanuki. Painful blue finger: Achenbach's syndrome. Postgraduate medical journal. 2020
  • Ayaka Takahara, Kiyoshi Shikino, Takashi Watari, Osamu Hirashima, Satoshi Watanuki, Masatomi Ikusaka. Tokyo DoManNaka: Learning opportunities of clinical diagnostic reasoning from expert physicians. Journal of general and family medicine. 2020. 21. 5. 206-207
  • Taku Harada, Taro Shimizu, Yuki Kaji, Yasuhiro Suyama, Tomohiro Matsumoto, Chintaro Kosaka, Hidefumi Shimizu, Takatoshi Nei, Satoshi Watanuki. A Perspective from a Case Conference on Comparing the Diagnostic Process: Human Diagnostic Thinking vs. Artificial Intelligence (AI) Decision Support Tools. International journal of environmental research and public health. 2020. 17. 17
  • Takuya Aoki, Satoshi Watanuki. Multimorbidity and patient-reported diagnostic errors in the primary care setting: multicentre cross-sectional study in Japan. BMJ open. 2020. 10. 8. e039040
  • Taku Harada, Takashi Watari, Taiju Miyagami, Satoshi Watanuki, Taro Shimzu, Juichi Hiroshige. COVID Blindness: Delayed Diagnosis of Aseptic Meningitis in the COVID-19 Era. European journal of case reports in internal medicine. 2020. 7. 11. 001940-001940
もっと見る
MISC (112件):
  • 綿貫 聡. 診断エラーを知り、一緒に考えを深めていきませんか COVID-19時代の診断エラー. 医療の質・安全学会誌. 2020. 15. Suppl. 111-111
  • 頼母木 直樹, 奥村 光一郎, 綿貫 聡. 【診断困難な痛みに向き合うケーススタディ:明日からできる痛みへのアプローチ】ケーススタディ 見方を変えたら診断できた! 診断はCarnettが教えてくれた 患者の痛みの訴えのここを聞き逃すな お腹が痛いです。痛くて歩くこともできず、歩くとき特に右足を前に出すときに痛いです. 診断と治療. 2020. 108. 5. 621-624
  • 綿貫 聡. 現代の診断エラー、そして臨床診断改善学会 診断エラーとその周辺をよりよく理解するために. 日本医事新報. 2020. 5004. 12-13
  • 奥村 光一郎, 綿貫 聡. 【症状・治療歴から考える-薬の副作用の診断プロセス問題集60題】肺化膿症の再発で入院した86歳男性. Medicina. 2020. 57. 3. 487-488
  • 保浦 修裕, 綿貫 聡. 【症状・治療歴から考える-薬の副作用の診断プロセス問題集60題】倦怠感の精査中に進行した73歳女性の貧血. Medicina. 2020. 57. 3. 529-530
もっと見る
書籍 (7件):
  • 診断エラー学のすすめ
    日経メディカル 2021
  • 専門外でも不安にならない救急外来「はじめの一手」
    南山堂 2020 ISBN:9784525411015
  • 診断エラーに立ち向かうには
    [カイ書林] 2019 ISBN:9784904865477
  • 「誤診」はなくせるのか? : 実践知としての診断エラー学の世界
    医学書院 2019 ISBN:9784260038942
  • 臨床医のための膠原病・リウマチ疾患と妊娠・授乳ハンドブック
    南山堂 2019 ISBN:9784525234614
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • 日本の診断エラー学トップランナーたちの座談会
    (第22回日本病院総合診療医学会学術総会 2021)
  • 診断プロセス総論:ピットフォールの背景因子
    (第116回日本内科学会総会・講演会 2016)
学位 (1件):
  • M.D (東京慈恵会医科大学)
経歴 (12件):
  • 2021/04 - 現在 東京都立多摩総合医療センター 経営企画室 副室長
  • 2018/04 - 現在 東京都立多摩総合医療センター 医療安全対策室 室員
  • 2017/04 - 現在 東京都立多摩総合医療センター 救急・総合診療センター 医長
  • 2010/04 - 現在 東京都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科 医員
  • 2020/09 - 2021/03 東京大学 Healthcare Executive Program 経営のできる大学病院 幹部養成プログラム
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2020 - 現在 日本プライマリ・ケア連合学会 医療の質・安全委員会 副委員長
  • 2019 - 現在 日本母性内科学会 幹事
  • 2019 - 現在 日本医療の質・安全学会 診断改善ワーキンググループ 委員
  • 2019 - 現在 日本医療の質・安全学会 若手支援委員会 委員
  • 2016 - 現在 日本プライマリ・ケア連合学会 医療の質・安全委員会 委員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る