研究者
J-GLOBAL ID:202001020326716674   更新日: 2022年08月12日

谷本 有美子

タニモト ユミコ | TANIMOTO Yumiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (1件): 中央における「地方自治の責任部局」の組織と政策、国の自治体統制、人口減少時代の自治体政策、大都市行政区の自治、市民参加、市民自治
論文 (17件):
  • 谷本有美子. 指定都市の「区政」と「区の自治」を考える. 都市問題. 2020. 第111. 第6. 87-95
  • 谷本有美子. 大都市行政区のまちづくりに市民は参加できるのか-神奈川の現状と憂慮. 地方自治職員研修. 2019. 第723. 15-17
  • 谷本有美子. 大都市行政区の「区民会議」と市民参加のアジェンダ-神奈川県内の指定都市を題材に. 横浜市立大学論叢 人文科学系列. 2016. 第67. 第1. 233-261
  • 谷本有美子. 神奈川の指定都市に見る区予算と民主的統制-総合区制度へのアプローチ. るびゅ・さあんとる. 2014. 14. 12-21
  • 谷本有美子. 大都市行政区における住民参加組織の可能性-横浜市の区民会議と行政との関係から-. 自治研かながわ月報. 2012. 第137. 9-18
もっと見る
MISC (4件):
  • 書評『広域行政と東京圏郊外の指定都市』. 都政新報. 2021. 第6692. 6
  • 谷本有美子. 中央省庁の「地方自治に関する行政機能」についての一考察. 横浜市立大学論叢 社会科学系列. 2019. 第70. 第2. 307-333
  • 谷本有美子. 所見・神奈川県内の『ふるさと納税』-公表データから見えてきたもの. 自治研かながわ月報. 2019. 第175. 15-22
  • 谷本有美子. 小田原市・南足柄市による『2市合併』任意協議会の動向. 自治研かながわ月報. 2017. 第165. 13-19
書籍 (10件):
  • 「地方自治の責任部局」の研究-その存続メカニズムと軌跡[1947-2000]
    公人の友社 2019 ISBN:9784875558217
  • 自治総研ブックス8 討議で学ぶ自治原論
    公人社 2010
  • 資料で読む地方自治
    法政大学出版局 2009
  • 分権改革の動態
    東京大学出版会 2008
  • 市民社会創造の10年-支援組織の視点から
    ぎょうせい 2007
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2000 法政大学 政治学専攻
  • 1998 - 2000 法政大学 政治学専攻
学位 (1件):
  • 博士(公共政策学) (法政大学)
経歴 (8件):
  • 2008/05 - 2020/03 公益社団法人 神奈川県地方自治研究センター 研究員
  • 2005/04 - 2020/03 法政大学 人間環境学部 兼任講師
  • 2005/04 - 2016/09 拓殖大学 政経学部 講師(非常勤)
  • 2006/04 - 2008/03 東京大学 大学院法学政治学研究科21世紀COEプログラム「先進国における《政策システム》の創出」 特任研究員
  • 2006/04 - 2007/03 東京財団 中央省庁等改革の検証に関する研究プロジェクト メンバー
全件表示
所属学会 (2件):
日本行政学会 ,  自治体学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る