研究者
J-GLOBAL ID:202001020437283556   更新日: 2022年07月02日

大石 裕介

オオイシ ユウスケ | Oishi Yusuke
所属機関・部署:
職名: 主席研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 沖合津波観測による津波即時予測技術の共進化を可能にする標準評価法の創出
  • 2005 - 2006 実地球環境におけるダイナモ作用の研究
論文 (17件):
  • Fumiyasu Makinoshima, Yusuke Oishi, Fumihiko Imamura. Mechanism of an evacuation cascade during the 2011 Tohoku tsunami inferred from an evacuation simulation incorporating communications in social networks. International Journal of Disaster Risk Reduction. 2022. 71
  • Fumiyasu Makinoshima, Yusuke Oishi, Takashi Yamazaki, Takashi Furumura, Fumihiko Imamura. Early forecasting of tsunami inundation from tsunami and geodetic observation data with convolutional neural networks. Nature Communications. 2021. 12. 1
  • Fumiyasu Makinoshima, Yusuke Oishi, Masaharu Nakagawa, Shosuke Sato, Fumihiko Imamura. Revealing complex tsunami evacuation process patterns induced by social interactions: A case study in Ishinomaki. INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION. 2021. 58
  • Fumiyasu Makinoshima, Fumihiko Imamura, Yusuke Oishi. Tsunami evacuation processes based on human behaviour in past earthquakes and tsunamis: A literature review. Progress in Disaster Science. 2020. 7. 100113-100113
  • 大石 裕介, 新出 孝政, 山崎 崇史, 牧野嶋 文泰, 馬場 俊孝, 前田 拓人, 近貞 直孝, 対馬 弘晃, 高川 智博. 南海トラフ巨大地震の3次元津波伝播シミュレーション. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2020. 76. 2. I_259-I_264
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 日記史料を用いた歴史地震活動データベースの構築
    (日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM) 2019)
  • リアルタイム防災情報を活用した効率的な津波避難の検討
    (日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2019)
  • 湾水振動が励起された湾内の運河における津波挙動
    (日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM) 2017)
  • 南海トラフ巨大地震による津波の東京湾と相模湾における波形類似性
    (日本地震学会秋季大会講演予稿集 2016)
  • リアルタイム津波浸水予測精度向上に向けた波源逆解析手法の検討(2)
    (日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2015)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 2021/04 - 文部科学大臣表彰 科学技術省(科学技術振興部門)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る