研究者
J-GLOBAL ID:202001020674942742   更新日: 2020年06月09日

福村 匡央

フクムラマサオ | FUKUMURA MASAO
所属機関・部署:
研究分野 (3件): 腫瘍診断、治療学 ,  神経形態学 ,  脳神経外科学
研究キーワード (6件): 脳腫瘍 ,  Exoscope ,  KINEVO ,  ホウ素中性子捕捉療法 ,  光線力学療法 ,  悪性神経膠腫
論文 (6件):
  • 蒲原 明宏, 梶本 宜永, 矢木 亮吉, 竹内 孝治, 福村 匡央, 金光 拓也, 川端 信司, 黒岩 敏彦, 鰐淵 昌彦. 特発性正常圧水頭症におけるシャント術による長期認知機能の維持効果. Dementia Japan. 2019. 33. 4. 530-530
  • 柏木 秀基, 福村 匡央, 竹内 孝治, 矢木 亮吉, 平松 亮, 池田 直廉, 野々口 直助, 古瀬 元雅, 川端 信司. 当院におけるペランパネル使用79例の検討. てんかん研究. 2019. 37. 2. 584-584
  • 福村 匡央, 古瀬 元雅, 松原 功明, 矢木 亮吉, 平松 亮, 辻 優一郎, 朴 陽太, 池田 直廉, 野々口 直助, 川端 信司, et al. ホットラインデータから見える脳卒中診療の地域情勢 大阪医科大学附属病院脳卒中ホットラインと高槻市・茨木市の現状. Neurosurgical Emergency. 2019. 24. 1. 6-13
  • Takuya Kanemitsu, Shinji Kawabata, Masao Fukumura, Gen Futamura, Ryo Hiramatsu, Naosuke Nonoguchi, Fumiko Nakagawa, Takushi Takata, Hiroki Tanaka, Minoru Suzuki, et al. Folate receptor-targeted novel boron compound for boron neutron capture therapy on F98 glioma-bearing rats. Radiation and environmental biophysics. 2019. 58. 1. 59-67
  • 福村 匡央, 川端 信司, 池田 直廉, 矢木 亮吉, 吉村 亘平, 黒岩 敏彦. 頭蓋内腫瘍摘出術におけるKINEVO900を用いた3D exoscopic surgeryの有用性. 脳神経外科速報. 2018. 28. 10. 1041-1046
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • 脳腫瘍手術における外視鏡としてのKINEVO900の使用経験とその有用性
    (日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 2019)
  • 5-ALA光線力学的診断併用ナビゲーションシステム誘導脳針生検の有用性の検討
    (日本癌治療学会学術集会抄録集 2018)
  • 3-dimension(3D)robotic-exoscopeを用いた複数術者による脳腫瘍摘出術の工夫と有用性
    (日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 2018)
  • 脳腫瘍に対するマルチモダリティ併用ナビゲーション単独ガイド生検術の有用性
    (日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集 2018)
  • 頭蓋内腫瘍摘出術に対してKINEVO900を用いた3D exoscopic surgeryの有用性
    (日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る