研究者
J-GLOBAL ID:202001020727609064   更新日: 2022年07月07日

大浦 杏子

オオウラ キョウコ | Oura Kyoko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (3件): マイクロRNA ,  肝臓病 ,  肝細胞癌
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 肝細胞癌における分子標的治療の効果と薬剤耐性を早期予測するmicroRNAの同定
  • 2019 - 2022 転移性肝癌に対するGalectin-9の抗腫瘍効果とそのmicroRNA基盤
  • 2019 - 2021 アンギオテンシン受容体拮抗薬と分子標的薬の肝癌抑制とエクソソームmiRNA解析
論文 (58件):
  • Asahiro Morishita, Joji Tani, Kyoko Oura, Tomoko Tadokoro, Koji Fujita, Tsutomu Masaki. Giant cutaneous metastasis from hepatocellular carcinoma. JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology. 2022. 6. 5. 361-362
  • Sae Hamaya, Shintaro Fujihara, Hisakazu Iwama, Koji Fujita, Tingting Shi, Ryota Nakabayashi, Takaaki Mizuo, Kei Takuma, Mai Nakahara, Kyoko Oura, et al. Characterization of Cisplatin Effects in Lenvatinib-resistant Hepatocellular Carcinoma Cells. Anticancer research. 2022. 42. 3. 1263-1275
  • Kei Takuma, Shintaro Fujihara, Koji Fujita, Hisakazu Iwama, Mai Nakahara, Kyoko Oura, Tomoko Tadokoro, Shima Mimura, Joji Tani, Tingting Shi, et al. Antitumor Effect of Regorafenib on MicroRNA Expression in Hepatocellular Carcinoma Cell Lines. International journal of molecular sciences. 2022. 23. 3
  • Asahiro Morishita, Tomoko Tadokoro, Shintaro Fujihara, Hisakazu Iwama, Kyoko Oura, Koji Fujita, Joji Tani, Kei Takuma, Mai Nakahara, Tingting Shi, et al. Ipragliflozin attenuates non-alcoholic steatohepatitis development in an animal model. PloS one. 2022. 17. 2. e0261310
  • Asahiro Morishita, Joji Tani, Takako Nomura, Kei Takuma, Mai Nakahara, Kyoko Oura, Tomoko Tadokoro, Koji Fujita, Tingting Shi, Hiroki Yamana, et al. Efficacy of Combined Therapy with Drug-Eluting Beads-Transcatheter Arterial Chemoembolization Followed by Conventional Transcatheter Arterial Chemoembolization for Unresectable Hepatocellular Carcinoma: A Multi-Center Study. Cancers. 2021. 13. 18
もっと見る
MISC (146件):
  • 宮本 貴和子, 真鍋 卓嗣, 琢磨 慧, 中原 麻衣, 大浦 杏子, 田所 智子, 藤田 浩二, 谷 丈二, 森下 朝洋, 正木 勉. 当院で診療した女性の重症アルコール性肝炎3症例の検討. 日本消化器病学会四国支部例会プログラム・抄録集. 2021. 115回. 53-53
  • 谷 丈二, 中原 麻衣, 大浦 杏子, 田所 智子, 藤田 浩二, 森下 朝洋, 正木 勉. 高度脈管侵襲陽性切除不能進行肝細胞癌に対する動注放射線治療から分子標的治療へのConversion治療の評価. 肝臓. 2021. 62. Suppl.1. A291-A291
  • 琢磨 慧, 中原 麻衣, 大浦 杏子, 田所 智子, 藤田 浩二, 谷 丈二, 森下 朝洋, 正木 勉. マルチキナーゼ阻害薬Regorafenibの肝細胞癌に対する抗腫瘍効果の検討. 肝臓. 2021. 62. Suppl.1. A305-A305
  • 中原 麻衣, 琢磨 慧, 大浦 杏子, 田所 智子, 藤田 浩二, 谷 丈二, 森下 朝洋, 正木 勉. Lenvatinib耐性HCC細胞株におけるSorafenibの抗腫瘍効果の検討. 肝臓. 2021. 62. Suppl.1. A307-A307
  • 大浦 杏子, 琢磨 慧, 中原 麻衣, 田所 智子, 藤田 浩二, 谷 丈二, 森下 朝洋, 正木 勉. 過去20年間におけるアルコール性肝細胞癌の実態と予後因子の検討. 肝臓. 2021. 62. Suppl.1. A318-A318
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2014 - 2018 香川大学大学院 医学系研究科
  • 2004 - 2010 香川大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (香川大学)
経歴 (3件):
  • 2020/01 - 現在 香川大学医学部附属病院 消化器内科 助教
  • 2014/04 - 2019/12 香川大学医学部附属病院 消化器内科 医員
  • 2011/04 - 2014/03 KKR高松病院 消化器内科 医員
所属学会 (5件):
日本がん治療認定医機構 ,  日本肝臓病学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る