研究者
J-GLOBAL ID:202001020784957044   更新日: 2021年09月02日

片山 貴史

カタヤマ タカシ | Katayama Takashi
所属機関・部署:
職名: 医長
論文 (7件):
  • Takahiro Abe, Takashi Yokota, Arata Fukushima, Naoya Kakutani, Takashi Katayama, Ryosuke Shirakawa, Satoshi Maekawa, Hideo Nambu, Yoshikuni Obata, Katsuma Yamanashi, et al. Type 2 diabetes is an independent predictor of lowered peak aerobic capacity in heart failure patients with non-reduced or reduced left ventricular ejection fraction. Cardiovascular diabetology. 2020. 19. 1. 142-142
  • Hideo Nambu, Shingo Takada, Satoshi Maekawa, Junichi Matsumoto, Naoya Kakutani, Takaaki Furihata, Ryosuke Shirakawa, Takashi Katayama, Takayuki Nakajima, Katsuma Yamanashi, et al. Inhibition of xanthine oxidase in the acute phase of myocardial infarction prevents skeletal muscle abnormalities and exercise intolerance. Cardiovascular research. 2020
  • Hideo Nambu, Shingo Takada, Arata Fukushima, Junichi Matsumoto, Naoya Kakutani, Satoshi Maekawa, Ryosuke Shirakawa, Ippei Nakano, Takaaki Furihata, Takashi Katayama, et al. Empagliflozin restores lowered exercise endurance capacity via the activation of skeletal muscle fatty acid oxidation in a murine model of heart failure. European journal of pharmacology. 2020. 866. 172810-172810
  • Takashi Katayama, Shintaro Kinugawa, Shingo Takada, Takaaki Furihata, Arata Fukushima, Takashi Yokota, Toshihisa Anzai, Mitsue Hibino, Hideyoshi Harashima, Yuma Yamada. A mitochondrial delivery system using liposome-based nanocarriers that target myoblast cells. Mitochondrion. 2019. 49. 66-72
  • Ryosuke Shirakawa, Takashi Yokota, Takayuki Nakajima, Shingo Takada, Miwako Yamane, Takaaki Furihata, Satoshi Maekawa, Hideo Nambu, Takashi Katayama, Arata Fukushima, et al. Mitochondrial reactive oxygen species generation in blood cells is associated with disease severity and exercise intolerance in heart failure patients. Scientific reports. 2019. 9. 1. 14709-14709
もっと見る
MISC (1件):
  • 片山 貴史, 畑中 一映, 工藤 和洋, 下山 則彦. 癌性腹膜炎の1例. 函館医学誌. 2010. 34. 1. 39-44
講演・口頭発表等 (8件):
  • 心筋緻密化障害に単冠動脈を合併した一例
    (第125回日本循環器学会北海道地方会 2021)
  • 単施設における無症候性末梢型下肢深部静脈血栓への抗凝固療法
    (第123回日本循環器学会北海道地方会 2020)
  • 骨格筋細胞におけるミトコンドリア送達
    (Cell シンポジウム 2018)
  • GLP-1の活性化は心不全モデルマウスの骨格筋ミトコンドリア異常および運動能を改善させる
    (2016年米国心臓協会科学学会 2016)
  • 拘束型心筋症類似の病態を示し心筋生検にてアミロイドーシスが明らかとなった一例
    (第37回心筋生検研究会 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2019 北海道大学 医学専攻
  • 2007 - 2009 NHK学園高等学校 社会福祉コース
  • 2003 - 2009 筑波大学
学位 (2件):
  • 博士(医学) (北海道大学)
  • 学士(医学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 国家公務員共済組合連合会斗南病院 循環器内科 医長
  • 2014/04 - 2019/03 北海道大学病院 循環器内科 短時間勤務職員(医員)
  • 2012/04 - 2014/03 市立釧路総合病院 心臓血管内科 医員
  • 2011/04 - 2012/03 独立行政法人労働者健康福祉機構北海道中央労災病院 循環器科 医員
  • 2009/04 - 2011/03 市立函館病院 初期臨床研修医
受賞 (2件):
  • 2016/10 - 日本心不全学会 第20回日本心不全学会学術集会 YIA審査講演(基礎系) 優秀賞 GLP-1の活性化は心不全モデルマウスの骨格筋ミトコンドリア異常および運動能を改善させる
  • 2013/06 - 日本循環器学会北海道地方会 第109回日本循環器学会北海道地方会YIAセッション奨励賞 当院における8年間の心臓腫瘍の検討
所属学会 (5件):
日本心血管インターベンション治療学会 ,  日本心不全学会 ,  日本心臓リハビリテーション学会 ,  日本内科学会 ,  日本循環器学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る