研究者
J-GLOBAL ID:202001021127545573   更新日: 2021年12月01日

原田 慎吾

ハラダ シンゴ | Harada Shingo
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 有機合成化学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (4件): 計算化学 ,  創薬科学 ,  合成化学 ,  有機化学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2023 カルベン化学のイノベーション;金属、基質、発生法による精密反応性制御と合成展開
  • 2018 - 2021 銀カルベノイド種の特性を利用した化学選択的反応の開発と合成展開
  • 2016 - 2018 アミド挿入反応の新展開とカルベノイドの金属特性の解明
  • 2014 - 2016 金属カルベノイド化学の新展開と合成化学的応用
論文 (46件):
  • Shingo Harada. Development of Novel Methodology Using Diazo Compounds and Metal Catalysts. Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 2021. 69. 12. 1170-1178
  • Jun Ueda, Shingo Harada, Mayu Kobayashi, Mai Yanagawa, Tetsuhiro Nemoto. Maleic Acid/Thiourea-Catalyzed Dearomative ipso -Friedel-Crafts Reaction of Indoles to Produce Functionalized Spiroindolenines. European Journal of Organic Chemistry. 2021
  • Mai Yanagawa, Shingo Harada, Shumpei Hirose, Tetsuhiro Nemoto. Rapid Synthesis of Functionalized Hydrocarbazolones via Indole C2-H Activation Using Enone Functionality as a Directing Group/Electrophilic Species. Advanced Synthesis & Catalysis. 2021
  • Tsubasa Ito, Hiroki Takenaka, Haruka Homma, Shingo Harada, Tetsuhiro Nemoto. Stereoselective construction of fused cyclopropane from ynamide and its application to synthesis of small drug candidate molecules. Tetrahedron Letters. 2021. 152985-152985
  • SYNTHETIC STUDIES ON DIDYMELINE USING SPIROCYCLIZATION OF PHENOLS WITH DIAZO FUNCTIONALITY. HeteroCycles. 2021
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 化学実験と理論解析に基づく高活性種の合成化学的応用
    (第17回六甲有機合成研究会 2021)
  • 金属カルベン種の新しい反応特性の開拓と合成展開
    (日本薬学会 第141年会 日本薬学会奨励賞受賞講演 2021)
  • 金属カルベノイド化学の新展開
    (日本薬学会 第139年会 若い力 2019)
  • Asymmetric Formal Synthesis of (+)-Catharanthine via Desymmetrization of Isoquinuclidine
    (13th International CeBiTec Symposium(Germany・Bielefeld) 2019)
  • 分子構造の対称性を活用した縮環型インドールアルカロイドの合成研究
    (第二回分子性触媒若手セミナー 2017)
もっと見る
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 千葉大学大学院薬学研究院 講師
  • 2013/05 - 2020/03 千葉大学大学院薬学研究院 助教
  • 2019/05 - 2019/09 エール大学 博士研究員
  • 2017/08 - 2017/09 ビーレフェルト大学 博士研究員
  • 2013/04 - 2013/04 京都大学大学院薬学研究科 博士研究員
委員歴 (4件):
  • 2013 - 現在 次世代を担う有機化学シンポジウム世話人
  • 2021 - 2022 第48回反応と合成の進歩シンポジウム実行委員
  • 2020 - 2021 日本薬学会関東支部大会組織委員会委員
  • 2019 - 2020 第18回次世代を担う有機化学シンポジウム実行委員
受賞 (6件):
  • 2021 - 日本薬学会奨励賞
  • 2019 - 宇部興産学術振興財団第59回学術奨励賞
  • 2017 - 有機合成化学協会 中外製薬研究企画賞
  • 2013 - 日本薬学会近畿支部奨励賞
  • 2012 - 日本薬学会 第132年会 学生優秀発表賞
全件表示
所属学会 (5件):
有機合成化学協会AIと有機合成化学研究部会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会医薬化学部会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る