研究者
J-GLOBAL ID:202001021127545573   更新日: 2024年07月08日

原田 慎吾

ハラダ シンゴ | Harada Shingo
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 有機合成化学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (4件): 計算化学 ,  創薬科学 ,  合成化学 ,  有機化学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2022 - 2023 フロンティア軌道と遷移状態の機械学習によるデジタル反応デザインと選択性制御
  • 2021 - 2023 カルベン化学のイノベーション;金属、基質、発生法による精密反応性制御と合成展開
  • 2018 - 2021 銀カルベノイド種の特性を利用した化学選択的反応の開発と合成展開
  • 2016 - 2018 アミド挿入反応の新展開とカルベノイドの金属特性の解明
  • 2014 - 2016 金属カルベノイド化学の新展開と合成化学的応用
論文 (52件):
  • Shingo Harada, Hiroki Takenaka, Tsubasa Ito, Haruki Kanda, Tetsuhiro Nemoto. Valence-isomer selective cycloaddition reaction of cycloheptatrienes-norcaradienes. Nature Communications. 2024
  • Shingo Harada, Shumpei Hirose, Mizuki Takamura, Maika Furutani, Yuna Hayashi, Tetsuhiro Nemoto. Silver(I)/Dirhodium(II) Catalytic Platform for Asymmetric N-H Insertion Reaction of Heteroaromatics. Journal of the American Chemical Society. 2023. 146. 1. 733-741
  • Daria E. Kim, Yingchuan Zhu, Shingo Harada, Isaiah Aguilar, Abbigayle E. Cuomo, Minghao Wang, Timothy R. Newhouse. Total Synthesis of (+)-Shearilicine. Journal of the American Chemical Society. 2023. 145. 8. 4394-4399
  • Tsukasa Furuya, Kotaro Ikeda, Shingo Harada, Tetsuhiro Nemoto. Theoretical Investigation of Chemoselectivity between C-H Insertion and Amide Insertion in Intramolecular Rhodium-Carbene Reactions. Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 2023. 71. 2. 107-110
  • Yoshinori Hashimoto, Shingo Harada, Ryosuke Kato, Kotaro Ikeda, Jannis Nonnhoff, Harald Gröger, Tetsuhiro Nemoto. Merging Chemo- and Biocatalysis to Facilitate the Syntheses of Complex Natural Products: Enantioselective Construction of an N-Bridged [3.3.1] Ring System in Indole Terpenoids. ACS Catalysis. 2022. 14990-14998
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • Carbene-mediated Chemoselective Dearomatization of Diverse Arenes using a Machine Learning-Assisted Optimization
    (The 16th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-16, Singapore) 2023)
  • 反応開発屋の合成研究
    (第56回天然物化学談話会 2023)
  • 安定な分子構造の直接的変換に基づく含窒素ヘテロ環の包括的合成
    (日本化学会 第103春季年会 若い世代の特別講演会 2023)
  • Diazo-free Generation of Chiral Ag-Carbene and its Synthetic Application
    (The 3rd CRI-CGI-Chiba Symposium in Chemistry 2023)
  • Asymmetric Dearomatization of Nonactivated Arenes based on Diazo-free Generation of Chiral Metal-Carbene
    (The 15th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-15, on-line) 2022)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 千葉大学大学院薬学研究院 講師
  • 2024/01 - 2024/02 北海道大学創成研究機構化学反応創成研究拠点 MANABIYA研究者
  • 2013/05 - 2020/03 千葉大学大学院薬学研究院 助教
  • 2019/05 - 2019/09 エール大学(米) 博士研究員
  • 2017/08 - 2017/09 ビーレフェルト大学(独) 博士研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2015/05 - 2024/04 次世代を担う有機化学シンポジウム世話人
  • 2021 - 2022 第48回反応と合成の進歩シンポジウム実行委員
  • 2021/12 - The 2nd CRI-CGI-Chiba Symposium in Chemistry 実行委員
  • 2020 - 2021 日本薬学会関東支部大会組織委員会委員
  • 2019 - 2020 第18回次世代を担う有機化学シンポジウム実行委員
受賞 (8件):
  • 2023 - Asian Core Program Advanced Research Network Lectureship Award(Singapore)
  • 2023 - 若い世代の特別講演会講演証(日本化学会)
  • 2021 - 日本薬学会奨励賞
  • 2019 - 宇部興産学術振興財団学術奨励賞
  • 2017 - 有機合成化学協会 中外製薬研究企画賞
全件表示
所属学会 (5件):
有機合成化学協会AIと有機合成化学研究部会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会医薬化学部会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る