研究者
J-GLOBAL ID:202001021202649819   更新日: 2022年05月08日

神尾 敬子

カンオ ケイコ | Kan-o Keiko
所属機関・部署:
職名: 医員
研究分野 (4件): 膠原病、アレルギー内科学 ,  ウイルス学 ,  免疫学 ,  呼吸器内科学
研究キーワード (7件): primary bronchial epithelial cells ,  PI3Kdelta ,  PD-L1 ,  Viral infection ,  Human metapneumovirus ,  Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) ,  Asthma
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2021 - 2023 免疫アレルギー疾患対策に関する研究基盤及び評価基盤の構築
  • 2021 - 2023 肺ウイルス感染による宿主免疫応答に対するPI3キナーゼδ阻害剤の効果の解明
  • 2021 - 気管支鏡下採取末梢気道上皮細胞を用いた疾患特異的なウイルス感染上皮バリア機能障害関連分子の同定
  • 2020 - 気道ウイルス感染症に対するPI3Kδ阻害剤の効果のex vivo解析
  • 2018 - 2020 患者由来気道上皮細胞を用いた閉塞性肺疾患におけるウイルス感染遷延化機序の解明
全件表示
論文 (29件):
  • Takeya Adachi, Yasushi Ogawa, Tamami Fukushi, Kei Ito, Amane Koizumi, Masashi Shirabe, Masako Toriya, Jun Hirako, Takenori Inomata, Katsunori Masaki, et al. Research impact analysis of international funding agencies in the realm of allergy and immunology. Allergy. 2022
  • Tomohiro Ogawa, Keiko Kan-o, Ayaka Shiota, Akitaka Fujita, Yumiko Ishii, Satoru Fukuyama, Koichiro Matsumoto. Inhibition of PI3Kδ Differentially Regulates Poly I:C- and Human Metapneumovirus-Induced PD-L1 and PD-L2 Expression in Human Bronchial Epithelial Cells. Frontiers in Immunology. 2021. 12
  • Keiko Kan-o, Yasuyoshi Washio, Tsuguto Fujimoto, Natsuko Shiroyama, Takako Nakano, Kentaro Wakamatsu, Shohei Takata, Makoto Yoshida, Masaki Fujita, Koichiro Matsumoto. Differences in the spectrum of respiratory viruses and detection of human rhinovirus C in exacerbations of adult asthma and chronic obstructive pulmonary disease. Respiratory investigation. 2021
  • Yamamoto N, Kan-o K, Tatsuta M, Ishii Y, Ogawa T, Shinozaki S, Fukuyama S, Nakanishi Y, Matsumoto K. Incense smoke-induced oxidative stress disrupts tight junctions and bronchial epithelial barrier integrity and induces airway hyperresponsiveness in mouse lungs. Sci Rep. 2021; 11(1):7222. 2021
  • Akitaka Fujita, Keiko Kan-o, Ken Tonai, Norio Yamamoto, Tomohiro Ogawa, Satoru Fukuyama, Yoichi Nakanishi, Koichiro Matsumoto. Inhibition of PI3Kδ Enhances Poly I:C-Induced Antiviral Responses and Inhibits Replication of Human Metapneumovirus in Murine Lungs and Human Bronchial Epithelial Cells. Frontiers in Immunology. 2020. 11
もっと見る
MISC (9件):
  • Keiko Kan-o. Respirology Case Reports : Past, present and future. Respirology Case Reports. 2022. 10. 4
  • 神尾敬子, 井上博雅. JGL2021とGINA2021の比較. アレルギーの臨床. 2022. 42. 3. 180-183
  • 神尾敬子, 小川知洋, 松元幸一郎. ウイルス感染と喘息増悪. 医学のあゆみ. 2022. 281. 1. 62-66
  • Keiko Kan-o. Letter from Japan. Respirology. 2021. 26. 2. 206-207
  • 神尾敬子, 松元幸一郎. 受動喫煙被害ー問題点と将来の課題ー. THE LUNG perspective. 2019. 27. 24
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • 地域一般住民におけるPreserved Ratio Impaired Spirometryと死亡リスクの関連:久山町研究
    (第114回呼吸生理フォーラム/第94回閉塞性肺疾患研究会 2022)
  • 日本呼吸器学会平成3年度女性研究者奨励賞受賞講演「気道ウイルス感染症における自然免疫と獲得免疫のクロストークと新規治療薬の探索」
    (第62回日本呼吸器学会学術講演会 2022)
  • multiplex PCR法を用いた同時期・同地域における小児・成人喘息増悪ウイルスの検出とライノウイルスC群感染との関連性の検討
    (第62回日本呼吸器学会学術講演会 2022)
  • 慢性閉塞性肺疾患患者由来気道上皮細胞における上皮バリア機能とタイトジャンクション蛋白発現の解明
    (第62回日本呼吸器学会学術講演会 2022)
  • 濾胞性リンパ腫の化学療法後に閉塞性細気管支炎を併発した一例
    (第88回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 九州支部 春季学術講演会 2022)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2011 九州大学大学院 呼吸器内科学分野
  • 1996 - 2002 九州大学
経歴 (11件):
  • 2022/04 - 現在 九州大学病院 呼吸器科 助教
  • 2018/04 - 2022/03 九州大学病院 光学医療診療部(呼吸器科) 医員
  • 2017/11 - 2018/03 九州大学病院 呼吸器科 医員
  • 2017/04 - 2017/10 九州大学病院 臨床教育研修センター 学術研究員
  • 2014/10 - 2017/03 Monash Institute of Medical Research(現Hudson Institute of Medical Research) Centre for Innate Immunity and Infectious Diseases post-doctoral fellow
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2022/04 - 日本呼吸器学会 財務委員、国際委員
  • 2022/03 - アジア太平洋呼吸器学会(APSR)機関紙 「Respirology Case Reports」 Editor-in-Chief
  • 2022/02 - 日本呼吸器学会 代議員
  • 2021/02 - アジア太平洋呼吸器学会(APSR)機関雑誌 「Respirology」 Deputy Editor
  • 2020 - 日本呼吸器学会 COPD診療ガイドライン第6版作成委員会 システマティックレビュー委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2022/04 - 日本呼吸器学会 令和3年度女性研究者奨励賞
  • 2022/03 - 日本アレルギー学会 九州・沖縄支部 第4回日本アレルギー学会 九州・沖縄支部地方会 育成賞 気道ウイルス感染による学童期・思春期喘息増悪に対するステロイドの効果の検討
  • 2020/11 - the Asian Pacific Society of Respirology Assembly Virtual Meeting 2020 the APSR Asthma Assembly Gold Award. Incense smoke induces airway hyperresponsiveness, alterations of tight junction proteins and loss of airway epithelial barrier integrity via oxidative stress
  • 2014 - 日本呼吸器学会九州支部 第73回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部秋季学術講演会 学術奨励賞. ウィルス感染によるCOPD・気管支喘息の増悪機序:共刺激分子B7-H1/PD-L1の役割とその制御による新規治療をめざして
所属学会 (8件):
American Thoracic Society ,  日本喘息学会 ,  日本感染症学会 ,  Asian Pacific Society of Respirology, 名誉会員 ,  日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る