{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:202002210488693401   整理番号:20A0189274

白血病阻害因子はマウス栄養芽層幹細胞におけるコルチコトロピン放出ホルモンを誘導する【JST・京大機械翻訳】

Leukemia inhibitory factor induces corticotropin-releasing hormone in mouse trophoblast stem cells
著者 (9件):
資料名:
巻: 522  号:ページ: 81-87  発行年: 2020年
JST資料番号: B0118A  ISSN: 0006-291X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
以前の研究は,いくつかの炎症性サイトカインが妊娠中の栄養芽細胞におけるcorticoトロピン放出ホルモン(CRH)の発現を促進し,胎盤CRHがヒトにおける副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の産生を誘導することを示した。しかしながら,げっ歯類胎盤で同じであるかどうかは不明のままである。本研究では,マウス栄養芽細胞幹細胞(mTSC)におけるCRHの誘導に対する炎症誘発性サイトカインLIFの影響を調べた。分化の間,mTSCにおけるCRHレベルは徐々に増加した。LIF添加後3日目と5日目に,分化mTSCにおけるCrh発現はLIF処理なしのそれらよりLIF処理により有意に増加した。さらに,培地中のCRH濃度は増加した。その後,分化したmTSCにおけるCRH誘導に対するLIFの下流経路の寄与を調べた。CRHのLIF誘導アップレギュレーションはPI3K/AKT及びMAPKリン酸化の阻害により減弱されたが,JAK/STAT3の阻害により減弱されなかった。したがって,mTSCにおいて,LIFはPI3K/AKTおよびMAPK経路の活性化を介してCrh発現を増加させたが,JAK/STAT3経路によっては増加させなかった。本研究はmTSCが胎盤CRHの調節と機能を研究するための理想的なin vitroモデルであることを示唆する。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
細胞生理一般 

前のページに戻る