{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002213507300893   整理番号:20A1438653

より大きな細孔サイズフィルタを用いた環境DNAの長いフラグメントの選択的収集【JST・京大機械翻訳】

Selective collection of long fragments of environmental DNA using larger pore size filter
著者 (5件):
資料名:
巻: 735  ページ: Null  発行年: 2020年
JST資料番号: C0501B  ISSN: 0048-9697  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
環境DNA(eDNA)は種々のサイズと状態を有する水中に存在する。それらの中で,細胞外DNAと比較して,細胞や組織断片のような細胞内DNAは,より大きなサイズ画分で主に検出でき,酵素DNA分解過程から保護される可能性がある。ここでは,このような大型eDNAの選択的収集が,モデル種として日本Jack Mackerel(Trachurus japonicus)を用いたタンク実験に基づいて,低分解eDNAを捕捉する効率を増強するという仮説を検証した。異なる孔サイズ(0.7μmと2.7μm)のフィルタを用いて異なる量の飼育水を濃縮し,水試料中の標的種の短と長のミトコンドリアと短い核DNA断片のコピー数を定量化した。結果として,短いeDNA濃度に対する長の比は,より大きな細孔径フィルタで高く,これは著者らの仮説を支持した。さらに,ミトコンドリアeDNAに対する核の比率はより大きな細孔径フィルタにおいて低かった。これらの結果は,細胞内および細胞外環境の間の核およびミトコンドリアDNAの持続性の違いを意味する。さらに,より大きなフィルタ細孔径は必ずしもeDNAの収率を低下させず,より小さい濾過量で収率にはほとんど差がなかった。本研究の知見は,特定のサイズと状態のeDNAに焦点を当てて,eDNAシグナルから情報を選択する可能性を示し,それは水サンプル中の種分類学と生理学に関する情報の効率的な利用に寄与するかもしれない。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
動物に対する影響  ,  微生物検査法  ,  粒状物調査測定 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る