{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002215866452174   整理番号:20A0053011

ジオポリマーによる飛灰中セシウム不溶化における吸着の寄与

著者 (8件):
資料名:
巻: 30th  ページ: 467-468(J-STAGE)  発行年: 2019年
JST資料番号: U0501A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
放射性物質に汚染された廃棄物の減容化処理により発生する焼却残渣の処分において,セメント固化に代わる新しい固化技術としてジオポリマーが注目され,Cs溶出率の低い固化処理法が開発されている。しかし,その不溶化機構は完全には解明されておらず,Csが不溶性のポルサイトの形で固定化されている可能性や,溶出試験の際にサンプルから一旦溶出したCsが吸着されて固定化されている可能性がある。本研究では,ジオポリマーによるCs不溶化機構の解明を目的とし,CsCl溶液および競合元素を多く含んだ飛灰洗浄摸擬溶液に対してCs吸着試験行い,吸着によるCs不溶化の寄与を調査した。吸着試験で得られた吸着等温式を使用して,飛灰使用ジオポリマーの溶出試験結果から,吸着による不溶化は材料中Cs量の約2.3%と算出できた。このことから,先行研究の知見を考慮すると,不溶化の主な機構Cs化合物のポルサイト化であることが確認された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
放射性廃棄物  ,  ごみ処理 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る