{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002217391869701   整理番号:20A1415501

セロトニン,ノルエピネフリン,およびドーパミンの三重再取り込み阻害は側坐核のラット海馬およびドーパミンレベルにおけるα_2-アドレナリン受容体の緊張性活性化を増加させる【JST・京大機械翻訳】

Triple reuptake inhibition of serotonin, norepinephrine, and dopamine increases the tonic activation of α2-adrenoceptors in the rat hippocampus and dopamine levels in the nucleus accumbens
著者 (3件):
資料名:
巻: 103  ページ: Null  発行年: 2020年
JST資料番号: T0252A  ISSN: 0278-5846  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
臨床研究は,主要なうつ病性障害(MDD)の治療におけるドーパミン(DA)伝達の増加の治療効果を示した。本研究では,セロトニン(5-HT)とノルエピネフリン(NE)に加えてDA輸送体の遮断がモノアミン作動系の付加的適応を生成するかどうかを調べた。in vivo電気生理学的記録を,雄の麻酔ラットで実施した。車両,5-HT再取り込み阻害剤エシタロプラム,NE/DA再取り込み遮断薬ノミフェンシンおよびそれらの併用(三重再取り込み阻害;TRI)を,2または14日間デリバリーした。NE,5-HTおよびDAニューロンの発火活性を評価した。5-HT_1A受容体およびα_1-およびα_2-アドレナリン受容体の緊張性活性化を,海馬および側坐核(NAc)の細胞外DAレベルで測定した。エスシタロプラムと異なり,ノミフェンシンとTRI投与は,投与の2と14日後にNEニューロン発火活性を低下させるにもかかわらず,海馬におけるα_2-アドレナリン受容体の緊張性活性化を増加させた。5-HTニューロンの発火活性は,ノミフェンシンとTRIレジメンの延長後に増加したが,エスシタロプラムへのノミフェンシンの添加は,5-HT再取り込み阻害による発火の早期2日抑制を抑制した。5-HT_1A受容体の緊張性活性化はエスシタロプラムでのみ増強された。エスシタロプラムとノミフェンシンは2日間の投与後にDAニューロンの発火活性を低下させたが,それらの組み合わせは14日後にベースラインレベルに正常化した。これはNAcにおける細胞外DAレベルの堅牢な増加を伴った。まとめると,これらの結果は,TRIがNEとDAを増加させるが,5-HT伝達ではなく,MDD患者における異なる有効性プロファイルを示唆する。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (5件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
精神障害の薬物療法  ,  薬物の構造活性相関  ,  薬物の合成  ,  神経の基礎医学  ,  向精神薬の基礎研究 
タイトルに関連する用語 (11件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る