{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002217677467765   整理番号:20A0271454

除脳ラットにおける自発運動活動と付随する心血管反応における腹側被蓋領域の中心的役割【JST・京大機械翻訳】

Pivotal role of the ventral tegmental area in spontaneous motor activity and concomitant cardiovascular responses in decerebrate rats
著者 (5件):
資料名:
巻: 1729  ページ: Null  発行年: 2020年
JST資料番号: A0705B  ISSN: 0006-8993  CODEN: BRREA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
より高い脳中心からのフィードフォワード信号である中心コマンドは,運動と関連して心血管系を調節する。以前の証拠は,中脳周辺の核(または核)が自発運動活性と付随する心血管反応の発生に寄与する可能性を示唆している。中脳内のどの領域が自発的および同期反応に重要であるかを調べるため,18匹のラットを3つのレベル(前中脳,腹側中脳および尾側中脳レベル)で除き,神経筋遮断薬で麻痺させた。個々の脳切片は前-中脳準備において前丘レベルに対し,さらには前-中脳調製において,前-前頭皮質レベルに対して,また,尾側中脳調製におけるperiaquの除去を示し,尾側中脳調製における中程度のレベルを除くことを示した。自発運動活動は69±27回/hの頻度で発生し,前中脳準備において心拍数(15±4ビート/分)および平均動脈圧(54±4mmHg)の増加を伴った。同様の運動および心血管反応は,腹側中脳調製において起こったが,そのような反応は尾側中脳調製においてほとんど起こらなかった。次に,腹側被蓋領域(VTA)におけるGABA作動性受容体作動薬(muscimol)の注射が,6つの前中脳標本における自発運動と心血管反応を阻害するか否かを調べた。自発運動活性と付随する心血管反応の発生は,筋肉の注射により明らかに阻害されたが,食塩水では阻害されなかった(P<0.05)。結論として,VTAは,死亡ラットにおける運動および心血管系の自発的および同期的活性化において中心的な役割を果たしていると結論される。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
中枢神経系 

前のページに戻る