{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002217835887725   整理番号:20A0868807

触媒ドメインにおける疎水性ポケットとチャンネルに結合する強力なin vivoオートタキシン阻害剤の同定【JST・京大機械翻訳】

Identification of Potent In Vivo Autotaxin Inhibitors that Bind to Both Hydrophobic Pockets and Channels in the Catalytic Domain
著者 (14件):
資料名:
巻: 63  号:ページ: 3188-3204  発行年: 2020年
JST資料番号: D0102A  ISSN: 0022-2623  CODEN: JMCMAR  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
オートタキシン(ATX,ENPP2としても知られている)は,体内の主要なリゾホスファチジン酸(LPA)産生酵素であり,LPAは,特異的LPA受容体を介して,増殖,転移および線維症を含む,血管新生および創傷治癒のような様々な生理学的機能を調節する。したがって,ATX-LPA軸は,癌,肺および肝臓線維症,および神経障害性疼痛を含む,多くの疾患に対する有望な治療標的である。以前の構造研究は,ATXの触媒ドメインが疎水性ポケットと疎水性チャンネルを持つことを明らかにした;これらは基質,リゾホスファチジルコリン(LPC)を認識し,細胞膜上のLPA受容体にLPAを生成する。ほとんどの報告されたATX阻害剤は疎水性ポケットまたは疎水性チャンネルに結合する。ここでは,疎水性ポケットおよび部分的に疎水性チャンネルに結合するユニークなATX阻害剤を提示し,in vitroおよびin vivoで高い効力および選択性でATX活性を阻害する。注目すべきことに,著者らの阻害剤は,ATX過剰発現ゼブラフィッシュ胚において,噴門bifid(2つの心臓)表現型をレスキューすることができる。Copyright 2020 American Chemical Society All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
酵素製剤・酵素阻害剤の基礎研究  ,  抗腫よう薬の基礎研究  ,  薬物の構造活性相関 

前のページに戻る