{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002221196501088   整理番号:20A0274488

グリッドレス音場分解のための球面調和領域における相反ギャップ汎関数【JST・京大機械翻訳】

Reciprocity gap functional in spherical harmonic domain for gridless sound field decomposition
著者 (5件):
資料名:
巻: 169  ページ: Null  発行年: 2020年
JST資料番号: A0102B  ISSN: 0165-1684  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
球面調和領域における相反ギャップ汎関数(RGF)に基づく音場分解法を提案した。複数のマイクロフォンを用いて音源を含む連続音場を推定し,再構成するために,直感的で強力な戦略は,音場をGreen関数に分解することである。スパース表現アルゴリズムをこの分解問題に適用した。しかしながら,それは,辞書行列を構築するために,目標領域の格子点への離散化を必要とする。離散化ベースの方法は,オフグリッドソースの分解誤差とスパース表現の高い計算コストをもたらす。RGFをスパース音場分解に適用し,離散化なしに閉形式解として音場を分解することを可能にした。さらに,球面調和領域における定式化により,球状ターゲット領域の仮定の下で,マイクロフォンの柔軟な配置が可能になった。数値シミュレーション結果は,高分解と再構成精度が,特に低周波数において,低い計算コストで,提案方法によって達成できることを示した。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
信号理論 

前のページに戻る