{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002221485834476   整理番号:20A1441568

脳転移腺癌と白質線維との関係の直接的証拠:線維解剖と拡散テンソルイメージングトラクトグラフィ研究【JST・京大機械翻訳】

Direct evidence of the relationship between brain metastatic adenocarcinoma and white matter fibers: A fiber dissection and diffusion tensor imaging tractography study
著者 (9件):
資料名:
巻: 77  ページ: 55-61  発行年: 2020年
JST資料番号: W3362A  ISSN: 0967-5868  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
脳転移は通常,磁気共鳴イメージングにおいて明確な境界を持つことが知られている。しかし,腫瘍周囲の白質線維の軌跡,特に繊維解離技術を用いてはほとんど知られていない。ここでは,転移性腫瘍による死後脳での線維解離を用い,白質線維と腫瘍の間の解剖学的相互作用を中心にし,拡散テンソル造影(DTI)トラクトグラフィーの所見と比較した。Broca領域における転移性腺癌を有する1人の死後ヒト脳半球を,Klinglerの方法に従って線維切開を用いて解剖した。in vitroおよびin vivo結果を比較するため,転移性腺癌の15人の患者からの追加脳,線維解離に用いた脳における腺癌のそれに匹敵する容積を,DTIトラクトグラフィー再構成を用い分析した。腫瘍周囲の白質束の形態学的所見を,2つの技術の間で比較した。繊維解剖技術では,優れた縦束,弓状束,および前頭の傾斜路を解剖し,白質束を湾曲し,腫瘍を避けるために再牽引した。分析したすべての症例において,腫瘍を囲む白質線維または流線は,病変を避けた。線維解離技術を用いて,これは転移性脳により影響される白質線維の解剖学を解明する最初の直接的証拠である。これは,脳転移腺癌が軸外白質構造を有する軸内腫瘍であることを示唆する。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
神経系の診断  ,  中枢神経系  ,  医用画像処理 

前のページに戻る