{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:202002244268379855   整理番号:20A0392366

東北日本の北海道と東北太平洋岸沖の超低周波地震の包括的検出【JST・京大機械翻訳】

Comprehensive Detection of Very Low Frequency Earthquakes Off the Hokkaido and Tohoku Pacific Coasts, Northeastern Japan
著者 (5件):
資料名:
巻: 125  号:ページ: e2019JB017988  発行年: 2020年
JST資料番号: W2388A  ISSN: 2169-9313  CODEN: JGREA2  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
遅い地震の1つのタイプとして分類される非常に低い周波数地震(VLFE)は,地震発生帯の近くで発生し,プレート間の遅い滑りに対する代理となり得る。北アメリカプレート下の太平洋プレート下部ダクトの北海道と東北太平洋海岸沖のVLFE活動を調べた。3次元速度構造モデルに基づいて計算した合成波形を用いたマッチフィルタ法により,2003年1月から2018年7月までの期間に対してVLFEの包括的検出を行った。2003年十勝沖地震(Mw8.0)の余震と北海道沿岸沖のVLFE分布の間の時空的整合性は,VLFE活動がプレート間の遅い滑りを反映することを示唆する。2011年東北地震(Mw9.0)の大地震滑り域内部では,VLFE活動はその後低く,一方,地域外では2011年東北地震後にVLFE活動は増加した。これらの特性は,繰返し地震から推定された地震滑り分布と一致する。VLFEは,2008年のFukus沖地震と2011年東北地震の余震のような6~7のMwをもつプレート間地震の後滑りによって時々活性化された。非常に大きな地震のコサイスミックな滑り域においてさえ,非常に大きな地震の間の地震間期間中に,3か月から1年にわたってエピソード的なバーストの発生が見出された。このようなVLFEバーストは,地震間期間中に小さな滑りを示唆する可能性がある。Copyright 2020 Wiley Publishing Japan K.K. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
地震活動 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る