{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002246000707922   整理番号:20A0433792

音場制御のためのソースとセンサ配置の最適化:概観【JST・京大機械翻訳】

Optimizing Source and Sensor Placement for Sound Field Control: An Overview
著者 (3件):
資料名:
巻: 28  ページ: 696-714  発行年: 2020年
JST資料番号: W0508B  ISSN: 2329-9290  CODEN: ITASFA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ターゲット領域内の音響場を制御するためには,二次音源(スピーカ)とセンサ(制御点/マイクロフォン)の適切な位置を選択することが重要である。本論文は,音場制御における最先端のソースとセンサ配置法の概要を提供した。音源とセンサの両方の配置は制御精度とフィルタ安定性に大きく影響するが,それらの継手最適化は音響文献において完全には研究されていない。この文脈において,音場制御に適用できる5つの一般的ソースおよび/またはセンサ配置法を再定式化した。狭帯域と広帯域の両シナリオにおける広範な数値シミュレーションにより,これらの方法の性能を比較した。Copyright 2020 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
音声処理  ,  音響信号処理 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る