{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002246379281382   整理番号:20A0452219

金属塩化物の添加による柔軟な集合組織を持つカッパ-カラジーナンーナンゲルからのクルクミンの制御された放出挙動【JST・京大機械翻訳】

Controlled release behavior of curcumin from kappa-carrageenan gels with flexible texture by the addition of metal chlorides
著者 (4件):
資料名:
巻: 101  ページ: Null  発行年: 2020年
JST資料番号: E0877B  ISSN: 0268-005X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
以前に,著者らは三成分系クルクミン/α-グルコシルステビア/ポリビニルピロリドンを用いて広く研究されたポリフェノールクルクミンの溶解度を大きく増強した。本研究では,ゲルのテクスチャー特性を変化させることにより,クルクミンの制御された放出プロファイルを有するκ-カラジーナンゲル製剤を開発することを目的とした。金属塩化物を含む/含まない3成分系は,α-グルコシルステビアミセル様構造とポリビニルピロリドンの間の相互作用を通して,5サイクルの加熱-冷却操作後にクルクミンの高い溶解度を維持した。κ-カラジーナンゲル製剤中のクルクミンの放出速度は金属塩化物の添加により変化した。特に,塩化カリウム濃度の変化はクルクミンの柔軟な放出を可能にした。重要なことに,κ-カラジーナンゲル処方は,疎水性ポリフェノールの溶解度の向上を維持し,金属塩化物を用いてゲルのテクスチャー特性を変化させることにより,柔軟なクルクミン放出速度を確実にする可能性を示した。クルクミンの制御された放出速度は,健康管理の分野におけるクルクミンの抗酸化および抗炎症効果を延長することにより,改善された結果をもたらす可能性がある。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品の品質  ,  澱粉以外の多糖類 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る