{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002247972621970   整理番号:20A1604516

アジア各国における温室効果ガスの大幅な削減に必要な対策とその経済的な影響の要因分析

ECONOMIC IMPACT AND MITIGATION MEASURES OF REDUCING GREENHOUSE GAS EMISSIONS IN ASIAN COUNTRIES
著者 (3件):
資料名:
巻: 34  号:ページ: 4-6  発行年: 2020年07月10日
JST資料番号: L0092A  ISSN: 0913-7025  CODEN: KAKKEQ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
・パリ協定では,世界の平均気温上昇を2°Cより十分低く保ち,1.5°C以下に抑える長期目標を設定。
・本報では,アジア主要8カ国(中国,インド,インドネシア,日本,韓国,マレーシア,タイ,ベトナム)を対象に,この目標を目指すGHG排出量削減の影響を検討。
・エネルギー需給の変化や経済的影響を試算した結果,再生エネルギー使用量の増加,化石燃料の消費量削減,CCS導入拡大によるエネルギー構成と消費量が大きく変化。
・目標に対して大きなGHG排出量削減が必要な場合,経済のエネルギー依存度が高い国々では大きなGDPの損失。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
環境問題  ,  エネルギー政策・エネルギー制度 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る