{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002255546039675   整理番号:20A1189354

覚醒時のこう筋活動と自律神経活動に及ぼす食道内酸注入とストレス課題の影響【JST・京大機械翻訳】

Effects of intra-oesophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness
著者 (13件):
資料名:
巻: 47  号:ページ: 567-576  発行年: 2020年
JST資料番号: T0127A  ISSN: 0305-182X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
背景:胃食道逆流症は,覚醒のための重要な危険因子である可能性がある。さらに,心理的ストレス課題が咬筋活動に影響し,自律神経系(ANS)活動調節が咬筋活動を誘導することが知られている。目的:本研究では,タスク誘発ストレスと実験的食道酸注入が咬筋活動を増加させ,ANS活性を変化させるかどうかを,安静作業と食道生理食塩水注入と比較して検討することを目的とした。方法:咬筋と心電図の筋電図から成るポリグラフモニタリングは,食道内食塩水または酸注入による30分間の介入の間,12人の健常成人男性で行われた。一方,安静として書籍を読み出し,ストレス課題として計算を実行した。結果:安静時に,酸注入中の咬筋活動と副交感神経系(PNS)活性は,食塩水注入の間より有意に高かった(P=0.019)と低い(P=0.021)。食塩水注入の間,計算作業を実行している間,咬筋活動と交感神経系(SNS)活性またはPNS活性の両方は,それぞれ,読み取り作業の間のそれらより高かった(P=0.022と0.012)か,より低かった(P=0.007)。二方向反復測定ANOVAにおいて,食道内注入(食塩水または酸)は咬筋活動(P=0.008)およびPNS活性(P=0.021)に有意に影響した。しかし,タスク(読み取りまたは計算)の実行はPNS活動のみに有意に影響した(P=0.028)。結論:食道内酸注入は咬筋活動を有意に増加させ,PNS活性を低下させた。対照的に,ストレス作業はPNS活性を有意に低下させただけでなく,わずかに咬筋活動とSNS活性を増加させた。Copyright 2020 Wiley Publishing Japan K.K. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
循環系の基礎医学  ,  消化器の基礎医学 

前のページに戻る